So-net無料ブログ作成

応援団も激走するレース [ロードバイク]

本日はチームメンバーの今シーズン初レースでした。

僕とパシャさんが応援で参加します。

深夜2時、クルマで出発し大阪市内のメンバーを乗せて回って一路、決戦の会場へ。

150329_0524~02.jpg

駐車場に到着は5時半くらいやったかな。

枚方組も程なく到着。 

150329_0541~02.jpg

出場メンバーは一足先に受付会場へ。

僕とパシャさんは自転車もないので徒歩で追いかけます。

150329_0557~01.jpg

会場に到着。駐車場からエライ遠い(汗)2キロくらいあるんちゃう?(汗)

僕とパシャさん早朝散歩する老夫婦みたいになってました。。

150329_0559~01.jpg

さ。てなわけでチームメンバーの今シーズン初レースは三重県の鈴鹿スカイラインをコースに開催される『菰野ヒルクライム』です!

150329_0603~01.jpg

無事受付を済ませた出場メンバーはコチラ!

kurubiさん、trekyさん、グッチさんの3人。

trekyさんは久々のレース参戦。グッチさんは生涯初のレース参戦です。

150329_0617~01.jpg

尚、エントリーしたのは、今大会から新たに設けられたチームTT。

チーム3人が一緒にスタートして3位に入った選手のタイムがチームの記録となるルールらしい。

日頃のチームライドの成果が発揮されると良いですね!

150329_0624~01.jpg

さてレース初参戦となるグッチさんですが、いつものように大好物のバナナチップをボリボリ食べてます。

因みに『ヒルクライムレース』とはスタートからゴールまでひたすら山を駆け上る、上りっぱなしのレース。

脚力は去ることながら重力との戦いなんです。

選手達は自転車の軽量化や自身も過酷な減量をしながら、その時に備えます。

グッチさんはとても燃費が悪く途中でガス欠になってはいけないということで他選手が最後の減量(お手洗い)に努める中、バナナチップを頬張るのでありました。

ま。初レースだし何より普段通り楽しめることが一番です。うんうん。。

150329_0600~01.jpg

菰野町のゆるキャラもチームを応援してます。

朝早くからご苦労さん。

150329_0636~01.jpg

さ。いよいよ選手が続々と集まる中、1人飲んで朝帰りの如し井出達なのがパシャさんです。

何か僕達、変に浮いてしまいましたね。。(汗)

150329_0649~01.jpg

とにかく怪我の無いように精一杯頑張ろう!! 

大会スタッフからレースのルール説明等が続いてますが僕とパシャさんは声援を送ろうと一足先にスタート地点に向かうことにしました。 

尚、スタート地点をよく分かってなかったので大会スタッフの方に場所を聞くと『この道をずーーーーっと行って1つ目の信号を左に行ってください。』とのことでした。

150329_0652~01.jpg

中々のどかな道ですな。

150329_0656~01.jpg

 

パシャさん 『ヒデさん?全然信号なんかないっすよ?』

僕 『さっきスタッフがずーーーっと行くって言ってから結構距離あるんかも知れないね(汗)』

 

もう駐車場から受付会場までの時点で結構歩いてるので勘弁して欲しいんだけど(汗)

150329_0658~01.jpg

ところが・・・・。

歩けど歩けど信号なんて見えやしない。。

 

僕 『おいおい。マジかよ。スタート時点こんな遠いのか!?』

パシャさん 『僕、もう足が痛いっす(泣)』

僕 『何言ってんのよ!スタートに間に合わなかったら大変や。頑張れ頑張れ。』

 

150329_0701~01.jpg 

ありゃ!?ホンマに信号がない!!(汗)

 

僕 『おーい!スタート時間まで時間ないぞ!これは走ったほうが良いぞ!』

パシャさん 『そうっすね!(汗)急ぎましょう(汗)』

 

もう何でやねん状態ですが2人で信号が見えるまでとドタドタ走り出しました。

150329_0705~01.jpg

そしてついに、うちのメンバーを先頭にスタート時点へ向かう出場者達が走ってきました。

流石はロードバイク。速い速い(汗)

アッと言う間に見えなくなりました。

 

僕 『おーい!!ヤバイぞ!!行け行け!!』

パシャさん 『ヒデさん!僕もう膝が痛くて無理っす!!(泣)』

僕 『僕が前を牽く!!頑張れ!!』

 

そしてようやく信号が見えてきた!

オエオエ言いながら交差点に居たスタッフに『スタート時点何処!?』と聞きました。

すると・・・。

『ここ左にずーーっと行って次の信号のとこです。』

 

僕 『ええーーーー!?スタートまで後3分しかないよ!!』

パシャさん 『もうダメっす!!(泣)』

僕 『アカーーン!!これは洒落にならん!!走れーー!!(汗)』

 

2人で抜きつ抜かれつ全力でドタドタ疾走します。

150329_0710~01.jpg

パシャさん膝がかなり痛いのか内股走行になってる(汗)

しかし何でこんな遠いんや(汗)

そうこうしてるうちに次のカテゴリー選手の集団までシャーーーッと走り去って行きました。

150329_0722~01.jpg

そしてようやく辿り着いた。

ちょうどチームTT最後の参加チームがスタートして行ったところでした。。。

 

2人とも汗で洋服ボトボトの放心状態。

間に合わんかった・・・。

全身汗まみれのお互いを見つめ合い大きく落胆。。

 

僕 『な・・・何しに来たんだ僕らは・・・。』

パシャさん 『・・・・・・・。』

150329_0745~01.jpg 

選手達の戦場はあまりにも遠かった・・・。

何たる無様。。

 

僕 『パシャさん?悪いけど僕、泣いて良いかな?』

パシャさん 『良いっすよ。泣いたほうが良いです。でもヒデさん格好良かったですよ。最後まで諦めなかったっすもん。』

僕 『間に合わなければ意味がない・・・(泣)』

150329_0801~01.jpg

もうスタート時点に居ても仕方がないので、また受付会場までトボトボ帰ることにしました。

帰り道、改めてその道のりの長さを痛感する。

 

僕 『スタートして30分経ったな。もうそろそろゴールした頃や。』

パシャさん 『ヒデさん。僕マジで膝が痛いっす。。。』

150329_0757~01.jpg

僕 『よく頑張ったよ。 あ。ツクシ。』

パシャさん 『あー。ホンマっすね。』

150329_0755~01.jpg 

何故か応援しにきた2人が落胆と疲労困憊の中、受付会場へ帰るのでありました。。

150329_0921~01.jpg

会場に戻ってくると程なくレースを終えた3人も下りてきました。

怪我なく無事に帰ってこれて良かった。

150329_0844~01.jpg

レースでの勇姿を見てあげることが出来なかったので、せめてものキメポーズ撮影。

150329_0846~01.jpg

パシャさんもメンバーの為に協力します。

んん。一応やれることはやった。

 

しかし!!!3人はしっかり頑張っていました。

150329_1028~01.jpg

ジャーーーーーン!!!

第4位!!見事入賞です!!

やったーーーーーー!!ていうか良かったーーー・・・・(泣)

150329_1014~01.jpg

そして表彰式。

150329_1014~02.jpg 

ステージ上に立つ3人。

150329_1015~02.jpg 

表彰台にはあと1歩届かなかったけどレースで入賞することはホント容易いことではないのです。

3人とも良く頑張りました。

グッチさんはレース初参戦で初入賞の快挙。

kurubiさんtrekyさんの豪脚コンビも健在でした。

そして何よりチームで入賞出来たことは良かったですね。 

お陰で僕とパシャさんも元気を取り戻せました(笑)

150329_1038~01.jpg

個人戦のカテゴリーではsunzoku1号さんがやはり入賞を果たされてました。

流石ですねー。おめでとうございます。

 

パシャさん 『僕も走りたくなりました!』

僕 『まず膝治してからやね(笑)』

パシャさん 『へへへへ・・・・(汗)』

150329_1201~01.jpg

帰りは5人でkurubiさんが調べてくれたお店でランチ。

150329_1145~01.jpg

僕とパシャさんはゴテゴテコッテリの背油ラーメン。

150329_1147~01.jpg

&トンテキ丼。

今日は僕らもよく走ったから、これくらい食べても良かろう(笑)

 

帰宅は15時でした。

改めてkurubiさん、trekyさん、グッチさん!

おめでとうございました!!

150329_1018~04.jpg

んんん!!!!見事にキマッた!!!(笑)