So-net無料ブログ作成
検索選択

先週の飲みと落し物の行方 [酒]

さ。週が変わってしまいましたので先週の飲み。

駆け足で参ります。

 

月曜日。

残業終わって『まだ終電バスに間に合うわ!』と言いながら帰り支度してるのにも関わらずU次長『じゃあちょっと寄っていこう!』とお声掛かりました。

『じゃあ1時間だけ!』 

150223_2036~01.jpg

折角なので開拓してコチラのお店にボコッと入店。

たこ焼きBARみたいな感じの店でした。

これがいけなかった。

150223_2058~01.jpg

写真じゃ分かりにくいですが『これコーヒーカップかい!』とまでは言わないものの、それはそれは物足らない大きさのジョッキでした。

しかも400円もしやがる(汗)

こういう食べ物主体系の店では有りがちですね。

スグに焼酎にチェンジして、コチラはまあまあ普通に入ってたのでパカスカ飲んだらヘベレケ。

150224_0039~01.jpg

酔えば酔うほど強くなる酔拳の如く、いつものスナックへ。

2人で散々歌い散して帰宅は何時やったっけ?多分3時くらい。

 

火曜日。

150224_1936~01.jpg

二日酔いがキツイのでリカバリー飲み。

150224_1942~01.jpg

1人でボーっと家飲みの如くしっとり飲みながら早めの帰宅。

 

水曜日。

150225_1850~01.jpg

残業終わって、この日は『ちょっと1時間だけ!』とS次長をお誘い。

S次長のリクエストでコチラへボコッ。

これがいけなかった。。

150225_1855~01.jpg

何とまあ御洒落すぎで中途半端なコスパ。

やってられん。こういう店はアベックで来るとこやな。

焼酎パカスカ飲んで『やっぱりアカンわ!飲み直し!』

150225_2130~01.jpg

久しぶりに卒業したY部長が通ってたスナックへご挨拶。

ママ喜んでくれて歌い散してたら知らん間にええ時間に。

帰宅は何時やったかな?3時半くらい?

 

木曜日。

150226_1908~01.jpg

二日酔いがキツクて1人反省会。

150226_1912~01.jpg

この立ち飲みで出し巻き食べながら原田知世さんの声そっくりさんのお姉さんに聞き惚れながら飲む酒は最高です。

気が付いたら大瓶がそれなりに空いてたのでグッと我慢して帰宅。

 

そして問題の金曜日。

150227_1556~01.jpg

この日は名古屋出張でしたが帰りは新幹線に乗らず近鉄特急で四日市方面へ。

実はこの日、また1人大先輩が卒業されたのです。

Y部長の同期の方で僕もお世話になりました。

Y部長から『あいつが卒業する時は絶対連絡せえよ!』と言われてました。

そんなわけでプライベート送別会。

150227_1655~01.jpg

白子(しろこ)駅で大先輩、Y部長と待ち合わせ。

Y部長とお会いするのは卒業されて以来です。

程なくU次長も駆けつけました。

150227_1659~01.jpg

4人で駅前にあったチェーン店へボコッ。

150227_1705~01.jpg

思い出話などで花を咲かせながら祝い酒と洒落込みました。

残念ながらチェーン店に有りがちな、まだ空席イッパイあるがな!やのに2時間制なのでと2時間半後には追い出されました。

でも美味しい酒、沢山飲めましたよ。

大先輩に御礼申し上げてお開き。

150227_2052~01.jpg

帰りは特急電車で久々復活の最強トリオで二次会

Y部長は途中の駅で乗り換えの為、降りましたが多分寝過ごしたと思う。

また一緒に飲みましょう。

・・・で22時過ぎに鶴橋に到着。

 

U次長 『よし!ちょっと行こう!』

尚、この日、U次長はいつも以上に朗らかに酔っ払ってました。

150227_2306~01.jpg

京橋に移動してスナックへ。

お酒飲む方はよくお分かりと思いますが、酒は先に酔っ払った物勝ちです。

今回は完全にU次長にやられた。

全然帰る気配がない。 

バーーーーンと歌い散して結局帰宅は今年最長不倒の5時。

ご苦労。

 

・・・ところが。。

帰って着替えてた時にケータイが無いことに気づく。

『あれ!?』とポケットとか鞄を探しますがありません。

一応、無くなったケータイに電話するとコールはする。

『どこに置いてきたんやろう・・』と考えるも体力はここで限界の爆睡。

 

それから休日の二日間・・・。

雨の中を近所の路上を探し歩いたりしながら憂鬱な時を過ごすのでありました。

 

そして本日月曜日。

 

出社するなりU次長に駆け寄り『先週はお疲れさまでした!ところで僕のケータイ持ってたりしません?』と聞きました。

帰りのタクシーに忘れたならU次長が気づいて持ってくれてると思ったのです。

しかし答えは無情にも『え!?ケータイ無いの!?』でした・・・。

 

僕 『はい。ないんです。次長がひょっとして拾ってくれてるかな?と思ったんですが。。』

U次長まさかと自分の鞄を穿り返します。

・・・がやっぱり出てこない。

 

僕 『あの店ですかね。僕、後で見に行ってきますよ。』

U次長 『大変やなあ・・(汗)とにかく行っておいで!』

 

僕 『一応、コールはしてるのであの店にあるんだと思います』

・・・と言いながら目の前でダイヤルした時でした。

 

U次長が目をパチクリさせながら胸に手を当ててる。

 

僕 『・・・・どないしたんですか?』 

U次長 『何か胸が震える(汗)』

僕 『!!』

 

U次長、顔をクシャクシャにしながら『ごめーーーーーーーん!(泣)』と胸ポケットから僕のケータイを取り出して高く掲げました。

 

僕 『あったーーーーーーー!!!良かったーーーーーーー(泣)』

U次長 『ごめーーーん(泣)何でこんなとこにあるんやろ!(泣)』←ていうか、はよ気づいて。

 

僕 『そんなんどうでもいいですよ!(泣)とにかく見つかってよかったです!』

U次長 『ホンマにゴメン!ホンマにゴメン!今日は俺が奢るわ!』

 

僕 『いいえ。結構です(笑)』

U次長 『なんでやねん!ちゃんと謝らせてくれよ!』

 

僕 『いいです(笑)また僕のケータイ、パクるんでしょ?(笑)』

 

2人 『わははははは・・・・!!!』

 

 

そんなわけで無事にケータイ見つかりました。

U次長、無意識に僕のケータイを間違えて胸のポッケに入れてたみたいです。 

お酒は適度に飲みましょうね。

ま。それは僕も無理やけど。