So-net無料ブログ作成
検索選択

仲間と走ったフレッシュ超ロングライド(後編) [ロードバイク]

ようやくフレッシュの記事のほうも終盤です。

 

見事400k以上を走りきり僕らはフレッシュを完走することが出来ました。

そこからはゴールした琵琶湖沿岸のサイクリングロードへ移動して20k程度でヘロヘロ走行。

途中でやはり蛍光ベストを着たトレインが快走していきました。

おそらくまだ走っておられる他のチームなのでしょう。

『頑張ってくださーい!』と応援する。後でナイスプレイスで会いましょう。

 

さ。僕らは近江大橋に到達。

橋をヘロヘロ渡ってると前方からNEWヘルメットを纏ったkurubiさんが見えました。

何やらここまで30キロ巡航で駆けつけてくれたようです。

仲間のお出迎えに喜びも増します。

ゴール後のチェックがあるのでマクドに入店して朝食を兼ねる。

しかし結局随分食ったなあ(笑)

 

一方で気が抜けたせいか体の痛みは笑っちゃうくらい全身を襲う。

右膝痛いわ、肩痛いわ、首痛いわ、腕は上がらないわ、お尻はもう激痛で椅子に座れまへん(笑)

背中で座りながら暫し休憩してリスタート。

ナイスプレイスのある京都へは小関越えで向かいます。

ここは何度も通ってる道。距離が短いから良いんだけど斜度はあるわよ(笑)

kurubiさんは、このコースまだTTしたことがないようだったので、どーーんとスタートして行かれました。

もの凄い勢い(笑)

スグに見えなくなりましたが『ああやってTTするんだなあ・・』と感心してました。

そこへ何故かウメさんもどーーんとスタート。

『どんだけ馬力あるねん。。』と感心してました。 

鉄人は途中から気付いてましたけど今回ずっとアウターで上ってはります。。

『ん・・。やっぱり貴方がチーム1変態です。』と感心してました。

ROADYASAIさんは僕の少し前をヘロヘロ上ってます。

kurubiさんのお迎えプレイもあって最後は足付きなく2人とも上りきりました。

 

さて京都に下れば何故かまた知らない上りに。。

『これどれくらい距離ありますか?』と聞くも鉄人『あとカーブ2個!』との返答。よくわからん(笑)

 

そこへヘロヘロのROADYASAIさんから今回の総評が述べられました・・。

 

『今回、これが最後の上りですって何度も聞いた気がします(泣)』

 

そ!(笑)そのとおり!(笑)

そうやってチームは精神力を養うのです!(笑)

でも後になるとこれもまた笑えるんですよ(笑)←笑えない?

でも間違いなくROADYASAIさんも超ロングライドを走りきったのです。ほんと凄いことですよ。。

 

・・・で、ホントに最後の上りをクリアして京都の街中をユルユル走行。

お尻が痛すぎて少しの段差でも激痛が走る。殆ど腰を浮かせながら走っておりました。

そこへ前を走ってたkurubiさんに異変。

見たら後輪がペチャンコ。パンクしとる。。

 

んーーー。。中々出来ない芸当です。

僕らフレッシュ組、これだけ走ってきて幸い誰1人パンク等メカトラもなかったのですが、わざわざお迎えに来てくれたkurubiさんが1番乗りのパンク。

ネタを残すことを決して忘れないkurubiさん。流石です(笑)

てうか僕はメチャクチャ良い休憩タイムになりました。お尻痛くてどうしようもなかったので・・。

しかしkurubiさんTTは勿論速いけどパンク修理も『なんかコンテストにでも出ようと思ってんのかな?』と言うくらい速い。

 

程なくリスタートして一行はついにナイスプレイスに到着。

130428_1024~01.jpg

既に他のブルベライダーが大集結しています。 

なんとそこにはツイートでずっと応援してくれてた、しおさんの姿がありました。

しおさんは、この日、午後からレースが控えていてコンディションを整えていないといけないのに僕らが走行中もずっと応援し、またナイスプレイスまで駆けつけて僕らを待っていてくれたのです。

ホントに有難う御座います。

その後、しおさんはレースでもちゃんと5位入賞とのこと。やっぱりしおさんは格好良いね。

それから少しして今度はtrekyさんも来てくれました。

前日に引き続この日もはるばる京都まで。ご都合で時間に限りもあるのにホント有難かったです。

一応『お疲れさまでーす!!』と拍手で迎えると、僕の計算どおり主催スタッフの方に参加者と間違われてました。

すんません。。

ホントに有難く『なんか僕、そんな大それたことしたのかなあ?』と不思議な気持ちにもなりました。 

 

暫し、チームで歓談してから応援して下さった皆さんとお別れして僕らはフレッシュ懇親会に参加。

ずっとブルベカードを持ってもらってたROADYASAIさん。

ちょっとリュックを持たせてもらいました。

何と!?

『こ・・・これ何を持って来たんですか!?タケノコ!?』というくらい重い。

ていうかタケノコ以上に重い。

こんなの背負って走ってたの!?

これまで最長距離が150kくらいだったとのROADYASAIさん。

大丈夫。もう間違いなく変態です(笑)

 

12時開始までまだ時間があるのでロビーで寛ぎながら早くも次の目標を語り合い考えます。

130428_1113~01.jpg

真剣に考え中。。

130428_1116~01.jpg

大いに考え中・・。

そりゃ24時間走ってきたんだもん(笑)

しかし驚いたのは集結した他のメンバーの方々。

『なんでそんな元気なんだよ!』と思うくらい皆さん元気。

これがブルベライダーなのかと大いに感心しました。

なんかまた自転車の違う世界を見た感じでした。

130428_1148~01.jpg

さて開催が近づき会場へ。

こーーんな立派な会場を設けて頂いてました。披露宴会場みたいでしょ?

130428_1148~02.jpg

お料理もたっぷり。この後まだまだイッパイ出てきましたよ!

食欲不振なんてどこに飛んでいったのやら、思いっきり食っておきました。

130428_1215~01.jpg

それから程なく開演。

会場はブルベライダーで大盛り上がり。ホントに皆さん元気です。

160人以上のランドヌール?が集結しました。

ランドヌールって初めて聞いたんだけど僕も自分のことランドヌールって言って良いの? 

因みに同じテーブルについた他のチームの方々は長野から走ってきたとのこと。

なにもそんな山岳走らなくても・・(汗)獲得標高は4000m以上なんだそうな・・。 

そのうちお一人はアメリカ滞在中にも関わらず、このフレッシュ参加の為、帰国されたそうです。

これがフレッシュの魅力なのかなあと感じました。

他にも台湾から参加の方や、また色んな遠方から走ってきたチームの皆様もおられました。

台湾もいつか走ってみたいなー・・。北海道もあるみたいだし・・・(笑) 

 

さて、ここから帰宅はどうしようか、かなり悩みましたが、そもそも輪行袋も持ってなく、目の前の酒を睨みながら渾身の力で飲むのを我慢。

その分、思いっきり食ってやって宴はメデタクお開きとなりました。

 

さてお家までは後約40キロ。

でもこうなると40キロって距離はそんなに長く感じないから不思議なもんです。

130428_1536~01.jpg

CRを20キロくらいでユルユル帰る。

なんかウイニングランでもしてるような気持ちになれました。 

・・で、御幸橋を過ぎてから下り基調のとこで、どうしてなのよ!?ウメさんアタック(笑)

『堪忍してー(笑)』

それから途中の上り返しでは鉄人がアタック。

4人全員ガンガン踏んでます(笑)

 

また少し落ち着いて走ってると自転車乗りの方に声を掛けていただきました。

印象深いロードバイク見て分かりました。

以前、大正池の峠で『サイドワインダーズの方ですか?』とお声掛けて頂いた方でした。

フレッシュ帰りの僕らにまた労いを頂きました。有難うございます。

 

そんなことでついに関西医大が視界に。

最後を惜しみつつ談笑しながら手前の上り坂に差し掛かろうとしたところ鉄人が僕を変な顔で合図を送る(笑)

『え?(笑)』

最後のアタック(笑)

『このヤロー(笑)!』と追いかけるも逃げ切られた(笑)

ちょっとギアが軽かったんだよなー!1枚重くしてれば差せたのに(笑)

ウメさん『今の合図なかったわー!』と悔しそう(笑)*合図は確かにあった(笑)

みんな負けず嫌いで熱いんですね。。

お陰で楽しい帰路になりました。

130428_1607~01.jpg

そして関西医大に到着。

前日の朝出発し、紀伊半島を横断し渥美半島に渡って縦断し愛知県を横断して岐阜に入り関ヶ原を越えて琵琶湖にでて京都に渡り、またこの地に全員で帰ってきました。

 

そんなことで僕らの超ロングライドは無事に完了。

走り終えたときは疲れて放心状態だったけど一方で興奮も冷めず家に帰っても暫くビール飲みながらボーっとしてた。

でもその後何度も、今回の旅を思い出すたびに涙が溢れました。

 

ロードバイクに乗り始めて2年にも満たず、約500キロを走り抜けることができたのは何故なんだろう。

僕に残念ながら才能はない。

上りは駄目。平坦も駄目。下りも駄目。

スタミナがあるわけでもないし、気が強いわけでもない。そして努力もしない。

僕のブログを読んで頂いてる方なら既にご承知のとおりだ。 

 

どう考えたって理屈や計算では成しえなかったものと言わざるを得ない。

あれから何度も振り返って行き着く結論はやはり皆に支えられているということだ。

これでお金を貰ってるわけじゃない。

チャリティーをやってるわけでもない。

自転車を通じて仲間と巡り合えたことを心から感謝します。

 

今回の旅は自分にとって『生きてる証』が出来たと思います。

これからも僕の生きる道『LIFE IS SWEET』で歩んで行きます。 

20130428102632.jpg

仲間とナイスプレイスにて。(鉄人から写真拝借しましたよ!)

 

はい。

というわけで記事長いよ!(笑)

お疲れ!飲みまーす! 


仲間と走ったフレッシュ超ロングライド(中編) [ロードバイク]

ということで中編。←中なの!?←ごめんなさいね。。 

 

渥美半島の強烈な横風に耐えながらチームは何とか豊橋に到達。

そして陽は完全に暮れました。

豊橋は仕事で何度か来たことがあります。勿論新幹線で。まだまだ途方もなく遠い。 

豊橋駅前のコンビニがチェックポイントなのでお買い物。だんだん買うものに悩んできました。

すれを済ませてからディナーと洒落込みます。 

このあたりでは『カレーうどん』がB級グルメとして有名らしい。知りませんでした。

ウメさんがリサーチしてくれたのかな?駅から程近い商店街にあるお店へ入りました。

130427_1901~01.jpg

勿論カレーうどん食います。(900円)

鉄人とウメさんは大盛りオーダーしましたが並でも十分なボリューム。

うずらの卵なんかが入ってて、イチゴもついてきます。

・・・で、食べ方があって先にうどんを啜っていきます。

130427_1907~01.jpg 

そうするとなんと中からトロロご飯が現われます。これをカレーのようにいただくという物。

一品で2度楽しめる?B級グルメ。

食欲があまり無かったのですが美味しく頂けました。

 

さ。ここからはナイトライドが始まります。

ツイート見るとkurubiさんや、しおさん、trekyさんが応援してくれてます。

ホントに有難い。 

これから正念場を迎えるであろう僕らに元気をくれます。

この先は暫く交通量の多い1号線を走る。とにかく集中を切らさないようにと自分に言い聞かせリスタートします。

130427_1945~01.jpg

さあ、ここからは向かい風、そして1号線のクルマとの闘いです。

鉄人によると岡崎までは緩やかながらずっと上り。そして車道は狭いとのこと。

気合を入れて進みます。

しかし・・・ホントに走りにくい。

慣れないナイトライドと交通量の多さ、路面状態は決してよくない。疲労は体全体に蓄積されたうえに向かい風。

とにかくトラブルを起こさないように神経を最大限研ぎ澄ませ走る。

僕にとってはここらへんが一番きつかったかも。

手信号が見えないかもしれないので声も一緒に出しながら後に合図を送ります。

一旦下り基調の交差点で手信号を送ろうとしたとき、路面の悪さに前輪をすくわれ危うく落車しそうに。。

肝を冷やします。

後からROADYASAIさんが『大丈夫ですかー!?』と声を掛けてくれます。

何とかセーフで『大丈夫!』と叫びます。

今回のために新しくライトは購入していたのだけど、やっぱり昼間のようには見えず、その後は片手運転が怖いので後方に了解を得て更に声を大きくして合図を送ります。

正直なところ、神経を使い疲労も困憊し少々気が立ってきていました。

1人であるならどうでも良い。

でも今はチームで走っているのです。協調性がなければ完走は有り得ない。

ここで僕が取り乱してる場合ではないのだ。

とにかく自分に言い聞かせました。

『落ち着け!落ち着いてしっかり走れ!』

『今も応援してくれてる仲間がいる!』

『他のチームだって今どこかで闘っているはずだ!』

『そして今一緒に走ってるメンバーも皆闘っているんだ!』・・と。 

 

皆も必死だったと思います。

メンバーからも弱音が漏れます。

東京から向かってるチームもあります!その人たちなんかずっと向かい風ですよ!頑張りましょう!』と励まします。

僕もヘロヘロなんですけどね。。

 

この間、鉄人はずっとトレインの先頭に立って向かい風の壁になってくれてました。

後から見てて鉄人もゆとりが無くなってきてるのが分かりました。

一旦、コンビニ休憩を挟んでから僕が先頭交代することにしました。

僕にとっても気の入れ直しが必要でした。

リスタート後も必死で走る。

しかし前半のアドバンテージもみるみる無くなっていきました。

一方で体はじわじわ悲鳴をあげる。上半身も疲労が増してハンドルの持ち位置を何度も変えごまかす。

少しして鉄人がまた先頭に出てくれました。

130427_2207~01.jpg

そして次のチェックポイントに。

豊明ほら貝?ってとこのコンビニ。一応、応援してくれてる仲間に現在地をツイートしておきます。

分かんなかったと思うけど・・(笑)

時間も押してきてるので再びリスタート。1号線は幸い道幅が大きくなり少し走りやすくなりました。

鉄人が前で、ドルクスさんと出会った場所なんかを教えてくれたりしながら気を和ませてくれます。

ようやく名古屋の市街地に入った思われるも、どのあたりなのか詳しい箇所は分からず黙々とペダルを回します。

そしてようやく1号線から脱出。

街明かりは乏しく路面は見えにくいですが研ぎ澄まされた神経は随分落ち着きました。

 

しかしキャノンボールとかされる方はホントに凄いなと思いました。

よくあんなとこを走れるなと・・。

 

さてチームは次の岐阜県にあるチェックポイントを目指します。

真っ直ぐの田舎道をひたすら走る。

でも見渡す限り店の明かりなんて見えてこない。

鉄人に『あとどれくらい?』と聞くと『もうすぐ!多分2つ目の信号です!』とのこと。

信号なんて見えやしない・・・。

 

必死に走ってようやくミニストップの看板が遠くに見えました。

『つ・・ついた。。』

130428_0128~01.jpg

日付は既に変わり0時45分くらいだったかな?

でもここで少し長めの休憩を取ることに。食欲不振でしたがこのあたりになると急激にお腹が空いてました。

これは体調が持ち直してる証拠だ!と自分を奮い立たせてガッツリとパスタを頂きます。

コンビニのおじさんは深夜にも関わらずとても親切にして頂き、とても有難かったです。

少し仮眠とろうと1時20分まで休憩。眠れないが目を閉じるだけでも違うとの鉄人のアドバイス

ジッと目を閉じてリスタートに備えます。

束の間にアラームが鳴って外に出ます。

するとビックリするくらい気温が下がっている。これまで背中のポケットに入れていたウィンブレを着込みフル装備状態にしますが、それでも寒い寒い。

特に首元が寒くて仕方が無い。鉄人はちゃんとネックウォーマーを装着してました。流石だ。。

 

『あ!そうだ!コンビニに売ってるかも!』

ちょっと待ってもらって再び店内へ探しに行く。しかし置いてない・・・。

『なーにやってんだよ!欲しいもの置いてるのがコンビニじゃないの!?』←あんたさっき有難いって言ってたのに。

 

すると鉄人とウメさんが『このタオル使ったらどうですか?』とのこと。

確かにタオルが売っとる。これを首に巻くか・・。なるほど。。

てなことでタオルご購入して首に括りました。

すると仕事用の蛍光ベストに首にタオルという、まさに工事現場のおっさんスタイルの完成。。

というより工事現場のおっさんがサボってロードバイクに乗ってるという感じがピンと来ます。

別にここでウケを狙ってたわけじゃないんだけど皆、和んでくれたみたい(笑)あはははは・・・。

 

さ。いよいよリスタートして一路今度は関ヶ原を目指します。

川沿いを走りますが強い向かい風。そして冷蔵庫のように冷たい。タオルは正解でした。

走行距離はついに300キロを越えて関ヶ原の上りを目指す。

ガーミンの気温見ると7.8℃。

ガーミンの温度計は大体2℃くらい高く表示されるから5℃台くらいだったものと思われます。

因みに今回ガーミンさん。

実は渥美半島に着くまでは電源を入れていませんでした。

距離測定用サイコンはずっと作動してますが、カキオコライド330kの時にガーミンさん290キロ過ぎで充電が無くなってたからです。

となると最初から電源入れてると後半、一番厳しいであろうと考えてたこのあたりで充電が無くなってしまう。

渥美半島までが170キロだったから300キロもつとして470キロくらいまでは充電がもつであろうとの計算。

 

ん!僕って賢い!←充電器持ってきたらええやん?←いやそんなの持ってねえんだよ!

 

さ。関ヶ原の山間部は『ほんとこれ4月かよ!』と思うくらい極寒。

そして上りが始まります。

鉄人『この上りが今回最後ですから!!頑張って下さい!!』と激が飛びます。

黙々と上る。

ただこんな真夜中の山間部。。勿論こんな状況で走ったこと無いけど嫌な予感はしていました。

その予感は程なく的中する。

必死に上ってるとスグ右側の山から『ガサガサっーー!!』と物音。

 

『どわーー!!!』と雄叫び一発。

だから僕、動物苦手なんだってば・・(泣)

 

そしてピークで一番斜度がキツイと聞いていた関ヶ原IC手前でクライマックスを迎えました。

キツイ上りをこなしてると左の畑の遠くから物音。

何か草木を跳ねながら走ってる。大きい。

それがどんどんこちらの方に向かってきて音はスグ近くまで迫ってきた!

 

『なんで!?鹿だったら逃げて行くよね!?』

 

あかん。逃げろ。

すんません。仲間もヘッタクレもない。電撃スパート。

 

アウターダンシングで我ながら『あんたどこにその力あったの?』と思うプロレーサーのようなアタックで皆を置き去りに・・。

何て言うんでしょう・・。世間でいう『火事場のクソ力』なのでしょうか。

極寒の関ヶ原で何故か汗だくになりましたがヒルクライムレースでも経験のない見事なアタックが決まりました。。

もう300キロ以上走ってるのに(笑) 

 

だって怖いじゃん!イノシシだったり熊だったら食べられちゃうよ!!僕なんか食べても酒臭いだけで美味しくないんだから!

はあはあ言いながら後方確認すると皆は数十メートル後方(笑)

あっはっはっはっは・・・・。参ったな全くもう(笑)

 

とそこへ、僕のスグ横でまた『ガサーーーーっ!!』と物音。

『ぐわあーーーーーー!』とまた雄叫び一発。

 

『はよ上ってきてーーー(泣)』と皆を急がせます(笑)

そんなことで関ヶ原の上りは難なく制覇(笑)

 

さて気を取り直して先日の伊吹山HCが行われた麓を通過。

尚、このあたりでも僕は『とにかく360kをクリアすれば良いや』と思ってました。

でも鉄人の意思は違いました。

『400k行けます!余裕ですよ!行きましょう!』

 

ほ・・ほんとかよ。。

すると前方に上り坂が現われた。

鉄人『これが最後の上りです!!!』

なんかさっきも聞いた気がするんだけど、これで僕の中の何かが吹っ切れた。

関ヶ原のアタックで変に脚も回ってきており『よーし!行くぞ!』と上る。

『これがフレッシュ最後の上りじゃあーー!』とアゲアゲ走行。

ここも一番乗りでピークに到達。

鉄人とやや遅れてる2人を待つ。

そして再びトレインを組んで僕が先頭で下りへ。 

出来るだけペースを上げる。

すると前方に上り坂・・・。

『なんかまた上りが見えるよ!?』

鉄人『大丈夫です!』←何が大丈夫なのかさっぱり分からん。 

 

ええーい!ヤケクソじゃーー!と上る。

実はフレッシュルールにはスタートから22時間経過してからゴール(24時間)までの2時間に25kを走っていないといけないというルールがあるのです。

従って22時間経った時に375キロを走ってると必然的に後は400k以上走らないといけない。

それならもう今すっ飛ばして400k確定してやる!と思った次第。

 

ついにホントに下り基調に入り、チームは次のチェックポイント彦根へ。

僕が先頭で出来るだけ30k巡航を目指して走る。

彦根のコンビニには4時くらいに到着。走行距離371キロ。

まず360キロをクリア。

制限時間まで3時間ある。よし!これで行けるはずだ!

130428_0442~01.jpg

その頃から次第に空が薄明るくなってきた。

鉄人が先頭に立ち引き続きペースを上げる。

130428_0455~01.jpg

快走路を快走。ROADYASAIさんも先頭へ出てかなり明るくなってきた。

そしてスタートから22時間経過してちょうどタイミングよくコンビニがあったのでチェック。

130428_0500~01.jpg

制限時間2時間前の5時で走行距離は386キロ。

これで残り2時間で412キロ以上走ればクリアだ。

もう大きなトラブルが無い限り大丈夫!

少しコンビニでまったり休憩した後、5時半前にリスタート。

何気に頭は朦朧としているが1時間半で25キロをずっと計算しながらもトレインは23~5キロ巡航で進んでいく。

130428_0525~01.jpg 

月に向かってひた走る!

先頭を行く鉄人は距離が気になってるのか何度か聞いてくるので僕から『25キロまであと何キロ!制限時間何分!』と伝達する。

さあ!いよいよ24時間ライドは残り30分余りとなる。

琵琶湖大橋まで来た。ここでもチェックポイントがあったのでササっと済ませてスグにスタート。

トレインは最後の力を振り絞り再びペースを上げる。

6時半を回りついに24時間ライドは残り30分を切る。

最後2時間25キロもクリアした。あとはどれだけ走れるかだ!

そこへ満を持してチームの母ウメさんが『ついていらっしゃい!!』との如く先頭へ躍り出てトレインを覚醒させる。

物凄いペースだ。

やはりウメさんの馬力は凄すぎる。400k以上走ってきて、これだけの力が出せるのか。 

ROADYASAIさんもかなりキツイ感じでしたが、ここでは一緒に強度を上げます。 

因みに琵琶湖沿いは結構な向かい風なんだけど、既に4人に風は関係なかった。

まるでロードレースのような様相で琵琶湖湖岸を快走する。

 

残り10分。。

依然、前をウメさん鉄人が牽いてる。

僕はスグ後で発射待機(笑)

残り5分。。

まだだ・・・(笑)

 

ウメさんと鉄人が前を譲り合った。。

『今だーーーーー!!!』

どーーーーー・・・・・・んと発射(笑)←実に大人気ない(笑)

 

でも残り3分。ウメさん追いついてきた(笑)

2人で走る。

時速は43~4キロ(笑)おもしろいー(笑)

 

これが鉄人の言ってた400k超えると未知の世界を味わえるというものなのか。

そして6時59分を経過してペースを落とし停車。

スグ前方にあった橋まで行って7時を迎えました。

130428_0700~01.jpg

北山田橋というところでした。

もう目の前には大津が見えていた。

130428_0711~01.jpg 

ついに走りきりました。フレッシュ24時間超ロングライド。

橋の上で皆と力強く握手を交わし祝福し合う。

よくここまで走れたもんだ。

 

早速ツイートで報告。

他のチームの皆も応援してくれてました。ホントに嬉しい。

 

kurubiさんはどうやらこちらに向かって来てくれてる模様。

ハッキリ言って枚方から琵琶湖って近くないんですよ。行きたいところもあったと思います。

それなのに朝早くから僕らの為に向かってくれてるのです。

 

しおさんは、ずっとツイートを気にしてくれてました。

ゴール後、すぐに『おめでとうございます』と返信頂きました。

何と言うか、考えてみればこの年になって『おめでとう』と言われることなど無かったです。

とても不思議な気持ちと有難さを思い知るのでした。 

 

4人は暫し北山田橋で祝福しあい、そこからはもぬけの殻状態に一変(笑)

フレッシュの最終集結の地。『ナイスプレイス』のある京都へヘロヘロ走り出しました。

 

 

すんません。もう少し続く。

どうしても長くなるのよ24時間も走ると(笑) 


仲間と走ったフレッシュ超ロングライド(前編) [ロードバイク]

というわけで、フレッシュ詳細。

土曜日早朝出発に備えて前夜は出来るだけ睡眠を取るべく缶ビール1本クイッと飲んで早目に寝床に。

目が覚めると3時。でもそこそこ眠れた。

ロングライドの良いとこは、まず『食べて良い』こと。

ヒルクライムだととにかく軽量がアドバンテージになるので体重に気を使う。←僕はそれほど気使ってないけど。

今回はここの制限がない。前夜はカレー大盛り2杯食べて、3時から再びカレー大盛り2杯平らげる。

さらに二度寝にも成功して5時半から準備して6時。

万感の想いを胸にメーテル発進する。

130427_0604~01.jpg

メーテル超ロング仕様!・・って、いつもと同じやがな! 

あいや。ライトがいつもより多く付いてますよ?ま。それだけなんだけど。

一応、どうしようか考えはしました。

1月に330k走ったカキオコライドの時は200キロ後半からお尻が痛くて仕方なかったのでサドルをメーテルを買った時に最初に付いてたものに戻そうかとか・・。

タイヤも今のタイヤはかれこれ1年以上履いてるし、そろそろ限界。履き替えておくか?とか・・。

結局は全く変えず。

『普段通りで行こう!いつもこれで走ってるんだ!』と。

そんなわけでホイールもいつもと同じ、この世界で言う所謂『鉄下駄』RS-10。ポジションも全く変更無し。

慣れ親しんだ『普段メーテル』がやっぱり一番走るはず!と思った次第です。

*後にブルベライダーの皆さんの自転車見ると、ちょっとナメてると思われただろうなとは感じました・・。

 

ウェアについても悩みましたが、ウメさんの前情報では『夜中の滋賀県北部は5℃以下』とのこと。

寒いとどうしようもなくなるので、冬物ウェアフル装備。(ていうか持ってるサイクルウェアを全部)

それにフレッシュでは『蛍光ベストかタスキ』が必要とのこと。

たまたま僕は仕事でたまに使う蛍光ベストを持ってるので、それを着て行くことに。

*後にこれがネタになってしまうとは露ほども思わず。。

 

そして6時半前。ついにスタート地点の関西医大に到着。

今回のフレッシュメンバーはウメさんに鉄人arkibitoさん。そして今回初めて一緒に走らせて頂くROADYASAIさん。

 

まずROADYASAIさんが到着され、その後ウメさん到着。

後は鉄人の登場を待つばかりと思ったらtrekyさんがお見送りに来てくれました。

朝早いのにわざわざ駆けつけて頂きホントに有難いです。

その後、鉄人も登場して全員集結。

130427_0655~01.jpg

ROADYASAIさんは背中にリュックを背負っておられます。

普段からいつもリュックを背負ってるとのこと。

僕も普段通り。『それが良いですよ!いつもと違うことする必要ないです!』と言っておきました・・。

130427_0653~01.jpg

鉄人からブルベカードが配られました。初めて手にする。

ただ普段通りとっても軽装なのでROADYASAIさんのリュックに入れて頂くことに(汗)すんません。

 

そして7時。コンビニでレシートチェックして、いよいよフレッシュ24時間ライドのスタート。

130427_0726~01.jpg

まずは淀川CRを走る。

昨夜降った雨で路面はウェット。せっかく注油しておいたのに、さっぱりわやです。

でも雨に降られるよりマシだ。。

130427_0732~01.jpg

程なく第1チェックポイントである御幸橋に到着。

フレッシュでは各チェックポイントを設けて所謂証明が必要になるんですね。

そんなわけで御幸橋で早速記念撮影。その後も主な各チェックポイントとなるコンビニで買い物してレシートを集めていきます。

因みに1日でこんなにコンビニ寄ったの生涯で初めてよ。

 

・・で、御幸橋をリスタートする時に、自転車乗りの方が通りかかり『ひょっとしてフレッシュですか?』と声をかけてくれました。

その方はやはりブルベによく参加されてるようで、おそらくこんな陽気なのに冬装備と蛍光ベストという井出達で分かったのでしょう。

見知らぬ方からも『頑張って下さい!』と応援頂きました。ホントに有難く元気を貰います。

130427_0759~01.jpg

再びCRを走行して泉大橋まで。因みにこのあたりは向かい風。

天気予報とは違い少し困惑しながら進む。

そこからは163号線に突入する。ここは相変わらず交通量多し。

気遣って頂き最後尾を走っていたであろうtrekyさん、バンバン走ってくるダンプカーにたまらず先頭に踊り出る(笑)

速いよ(笑)追いつけない(笑)

しかしtrekyさんのペダリングはいつみてもホントにキレイ。めちゃくちゃ軽く走ってるように見えます。

但し、速すぎてフレッシュトレインから独走態勢(笑)

でもこれでトレインが覚醒され、後のアドバンテージに繋がりました。

130427_0902~01.jpg

程なく次のチェックポイントである笠置のコンビニに到着。

trekyさんとはここでお別れ。ホントに有難う御座いました。

 

リスタート後はスグに大嫌いな笠置トンネルが待ち構えてますが、ワガママ聞いてもらい僕の普段通り歩道を走行して頂きました。

やっぱりあのトンネルは怖いもんね(笑)

そこからは163号のアップダウンが始まります。

ROADYASAIさんが軽快に上っていきます。実はROADYASAIさん、これまでの最長距離が150kくらいとのこと。

しかし地道にジテツウされていたり、ホームコースの傍示峠は11分台。*僕14分台。。

後ろから見るともう鹿のような脚線美で、その走りは頷けます。

僕は相変わらずゴーリゴリゴーリゴリ上って行くも程なく千切られました。。

 

アップダウンを何度かこなしチームは伊賀上野に到達。

すると気温がキュッと下がる。

ここまでが僕の走ったことある道。ここからは初めて走る道となります。

伊賀上野城を横目に422号を南下。途中コンビニ休憩を挟んで阿保(あほ?)の交差点を左折して今回の最高峰青山峠へ向かいます。

130427_1110~01.jpg 

ここもやはりROADYASAIさん軽快に上ります。

僕はゼイゼイ良いながら必至に付いて行く。しかしこのへんも、どういうわけか向かい風。

天気予報は思いっきり西風のはずで、ここは楽々上れると思ってたんだけど・・。

でも中々良い道でしたよ!斜度はそんなにキツクありません。ちょっと長いけど。

130427_1122~01.jpg

そして青山峠に到達。ここの標高は500mくらいだったかな?

でも必死に上って汗だくよ(笑) 

130427_1125~01.jpg

トンネルを越えて今度は下っていきます。

もう1つトンネルがありましたが、そちらのトンネル出口に見える景色は絶景でした。

130427_1148~01.jpg

そこから少し下ったとこでコンビニチェックポイント到達。

ロングライドなのでしっかり補給していきます。

リスタート後は僕が先頭を走ります。

スグ後ろの鉄人からナビゲーションして貰いながら一路伊勢を目指します。

平坦路に入って少しすると何だかペダルが急に軽くなりました。

『お!これは追い風!』

伊勢中川の少し手前あたりでした。こんなとこまで来ちゃったよ!

しかしまだまだ先は長い。長いけどこの追い風。

 

去年ソロでビワイチした時、前半の追い風に強度を上げてアドバンテージを取ったことを記憶してました。

『追い風には乗っておけ!』

強度を上げてトレインのスピードを上げます。

鉄人のコース設定は実に見事でどの道も走りやすい。ギュンギュンとばして巡航速度は追い風にも乗り40k前後。

松坂まで到達してコンビニ休憩。

サイコンチェックすると平均速度が28.2キロ。実にというか1人じゃ到底出せない良いペース。

更に走ってチームはついに伊勢に到達する。

130427_1402~01.jpg

小学校の修学旅行以来だから、もう30年近くぶり。まあどえらい観光客の数だわさ。

しかしながらチェックポイントはこの地にあるのよ。

130427_1405~01.jpg

『あんたら何!?こんなとこ自転車で!?』と世間の目を少々浴びながら観光地を練り歩く。

『いや実はですねー。フレッシュと言って自転車で24時走って各チェックポイントで・・』等と1人づつ説明してたら24時間経ってしまうので口笛吹きながらポイントを目指す。

130427_1407~01.jpg

到着ー。赤福の本店ってこんなとこにあるのね。

またここでも証明写真を観光客の方にお願いし、ほんの少しだけ道路封鎖状態で撮影。

申し訳御座いませんでした。。でも時代劇スターになった気分でしたよ。

130427_1410~01.jpg

観光客の皆さんにお礼を申し上げて赤福本店の裏手で一休み。

時間を確認すると、この後に乗る予定のフェリー、1本早いのに乗れるかも知れない。

今の追い風、後半は向かい風になるんだから今のうちに貯金を作って置こう!と意思統一して鳥羽港へ向かう。

しかしそこまでのアップダウン箇所で僕の体力がガクンと落ちてしまう。

鉄人から何度も『あともう少しです!』と励まされながら何とか鳥羽港に到達。

自転車で伊勢湾まで来たよー! 

130427_1459~01.jpg

向こうに見えてるフェリーに乗るよ!

でももうクタクタ。ウメさんにも『大丈夫ですか?』とご心配かけてしまう。

 

だ・・大丈夫じゃない(笑)

でも普通に考えたら、ここまでで関西医大からちょうど170キロくらい。平均速度は28キロジャスト。

素晴らしい快調ペース。 

そりゃ疲れるよ(笑)

しかしフェリーは予定の1本早い15時20分発に乗りました。これが後に生かされるか?

130427_1532~01.jpg

いよいよフェリーは出向。愛知県の渥美半島へ向かいます。

 

波のーーーー!谷間にーーーいいいーー命のーー華がーーーー♪

2つーー並んでーーー咲いいいーーているううううーーー♪

 

鳥羽港で船乗ったら間違いなく鳥羽一郎の兄弟船歌わなあかんやろ。と当初から考えてましたが歌い過ぎがついに体力限界を呼びDNFとかなったら洒落にもならないので回避。。

なんか食欲も沸かないくらいヘロヘロなんだけど食っておく。

130427_1526~01.jpg

船内で売ってた『伊勢海老ラーメン』(470円)。

『おおーーー!伊勢海老ラーメンとは豪勢な!それも470円とな!?』

元気を取り戻すべく気前良くオーダー。

 

早速実食。ん!!! 

 

えー・・。どんなに掻き回してもワカメしか出てこないんだけど。。 

あ!スープか!伊勢海老スープなんだよきっと!

 

ん・・。醤油をお湯で薄めた感じ。。

『おい!これ伊勢海老入れ忘れとるぞ!』

ウメさん『ひょっとして麺に入ってるんじゃないですか?』

 

あ。ホント。蓋に書いてありました。すみません。。

麺を啜ってみる。 

 

『・・・・・。』

伊勢海老を思い浮かべながら完食。

豪勢な伊勢海老ラーメンながらカロリー200キロ台となっていて食欲不振な僕にはとてもマッチしたメニューでありました。

 

そんなわけでふて寝して、鉄人の思い切り顔の近くで鳴るシャッター音で起床。(やられた・・)

見ると目の前に渥美半島が!

ついに自転車で愛知県まで来たよー!!

130427_1703~01.jpg

横風さんコンニチワー!!! 

この写真では分からないと思います。行って来い!渥美半島行って来い!行って確かめて来いバカヤロー!

すっげえ風です。わかっちゃいたことなんですけどね。

とにかく半島根元の豊橋を目指しますが全員のペースはガクンと落ちます。

ていうか速度出せない。

街中に入っても暴風は止まず。上空で『ぐおおおーーーーー』と風が轟音を立ててます。

鉄人が先頭走ってますがハンガー気味の中、必死に横風と闘っている。

ウメさんは最後尾でおそらくグッと我慢走行してるはず。

ROADYASAIさんはややテンションアップ。『な・・なんと僕の走行距離200k超えました!』

 

つかさず鉄人『まだ半分ですよー(笑)』

三人『・・・・。』←既に愛想笑いも出来ない様子。 

 

ひたすら4人は斜めに傾いて横風と闘いながら走行。

130427_1817~01.jpg

豊橋が遠い。

豊橋自体がメチャクチャ遠いのに、そこまで行く豊橋が遠い。。

130427_1819~01.jpg

渥美半島をからようやく脱出しようかという頃、西の空に沈んでいく夕陽を見ました。

 

えーーー・・。

続きます! 

長い!(笑) 


フレッシュ!24時間走る超ロングライド [ロードバイク]

昨日の朝7時から今日の朝7時まで24時間走る超ロングライド!

ご承知のように僕、ここんとこ、まともに練習も出来ず(せず?)酒ばっかり飲んでましたが静かに闘志を燃やしておりました。

絶対にやり遂げてやる!と・・。

 

しかし現実はそう甘くない。

何度も何度もくじけそうになり、こんな自分が走れるわけないよなあ・・と何度も足が止まりそうになりました。

 

でもそんな時、僕を支えてくれたのは朝早くから、また深夜まで応援してくれた仲間たち。。

そしてこんな僕をずっと励まし最後まで一緒に走ってくれた仲間たちでした。

そして僕を乗せて一緒に走ってくれた愛車メーテル。ありがとう(泣)お前はホントに良い子だよ(泣) 

 

感動の涙を流したかったけど、しんどすぎて呆然としてましたが今、夢心地でこの記事を書いてます。

また僕の自転車生活に新しい1ページが刻まれました。 

 

ロングライドは自転車の大きな魅力の1つ。

今日は美酒に酔い、お布団でいっぱい眠ります!

 

一緒に走ってくれた仲間たち。ホントに有難う!

130428_1116~01.jpg

思う存分、眠ってね!(笑)

 

<今日の記録>

 

走行距離 : 493.80キロ ←関西医大からフレッシュ及び自走帰宅の数値。厳密には500キロちょうどくらい

走行時間 : 30時間29分

平均速度 : 24.0キロ

累計走行距離 : 14056キロ 

 

<フレッシュ24時間ライド記録>*僕のサイコン記録

 

走行距離 : 426キロ

平均速度 : 25.0キロ

*認定距離360キロ以上を見事にクリア

 

詳細はまた後日ね。早く飲みたいから(笑) 


フレッシュ前出張 [出来事]

昨日は岡山の水島方面のあと香川高松に行く予定だったので普段は倉敷から水島方面へ向かうところ足慣らしも兼ねて児島からレンタルサイクルで向かおうと考える。

しかし行ってみたら利用時間が17時までとなっており間に合いそうにないので断念。←だから事前によく調べなさいって。

タクシーで行くのは勿体無いし歩いていくと間に合わないし『どないしょー?』と暫し考えてたらバスがあった。

130425_1403~01.jpg

これなら良いやということでバス乗ったけど地名が全然分からんから適当に降りたらかなり行き過ぎてた(汗)

結局1時間以上歩いて目的地へ。これで良い足慣らしになった・・はず。

130425_1510~01.jpg

途中で歴史を感じる飲み屋街がありました。

仕事を終えてから帰りはタクシー乗って児島から高松入り。

そろそろ体調も整えないといけないので夜は立ち飲みでかるく1杯だけにしとこうと市街地練り歩くも適当なところが見当たらず。

あと、どこも高そう。。

130425_1914~01.jpg

そんなわけで大人しくホテル飲みにしました。

ベットで横になりながらテレビ見てビール飲むのは極めて贅沢。安くつくし、たまにはこんな出張も良かろう。

結局3本飲んじゃったけど(笑)

 

今日は朝から高松市内をまわる。

130426_1101~01.jpg

高松駅にキャイーンのウドちゃんがロケに来とった。あの風貌はかなり遠くからでもスグ分かった(笑)

写真では見えにくいと思いますが。

130426_1127~01.jpg

ランチはやっぱりウドン。

130426_1132~01.jpg

うーーー・・ん。このウドンはコシがなくてちょっと残念でした。。

しかし大盛り食ってやったから明日の自分エネルギーは十分だろう。。

 

というわけで淡白記事終了(笑)

明日の準備だなんだかんだあるもんで。(まだ奥様に言ってないし。あはは。。)

土曜日は寝ずに走るから今日寝溜めするつもりです。 

 


二日酔いでご出張へ [出来事]

昨日もかるく駅近の居酒屋で1杯だけのつもりが、ちょっと寄り道してしまう。

暫く行ってなかった行きつけスナックを外から見ると閑古鳥が鳴いてるから『ちょっと挨拶だけしとくか』と入った。

130424_2151~01.jpg

『30分したら帰るから!』と伝えたもののママ大変喜んでくれてバンバン飲ませるから結局23時半まで飲んでました。

うーん・・。てなわけで二日酔いの朝。

今日明日と岡山香川出張

児島から水島工業地帯までレンタサイクルで行くとちょっと遠いかな?

ま。行けばわかるさ!ということで行ってまいります。


コンビニビアガーデン飲み [酒]

今日は事務所を出たり入ったりしながらシャカシャカお仕事。

本日は休肝日にしよう!なんて午前中は思ってたけど夕方になると、その思いは見事に崩れ去る。

というか毎日そんな感じだけど。

 

『飲み過ぎる→二日酔い→自分に対して落ち込む→反省→開き直り→飲み過ぎる』 

これが酒飲みのライフサイクルである。

 

とは言っても、今週は飲み過ぎません。

帰り際にS次長をいつものように『30分!一杯だけ!』とお誘いする。

とは言え給料前で金欠なのはお互い様。

酒飲み、安く飲むための最後の手段。。

それがコンビニビアガーデン飲みだ。

130423_1813~01.jpg

でも久々やったな。。これ今くらいの季節が一番気持ち良いよね。

少々世間の目が冷たいけど『そーーんなこと気にしてたら酒なんて飲めないぜ!?とっつぁん?』←ルパン三世風に。

一番安上がりだし世間の風景を楽しみながら飲むのもたまには宜しい。

ま。しょっちゅうやってたら、そのうちクレームくるだろけど(笑)

そんなわけで缶ビール1本(S次長はワンカップ男前)で終了。 

 


週末は超ロングライド [ロードバイク]

てなわけで、今週末はいよいよフレッシュ

24時間走り続ける超ロングライドです。

1月にやはりチームで行ったカキオコライドが約330k。所要時間21時間でした。

それまでは200kちょっとが2度程経験あるだけの僕でしたが、皆の力で走りきれたように思います。

今回の超ロングは、条件もコースも違うけど、また仲間と走り抜けたいと思います!

 

フレッシュ予定コース → http://yahoo.jp/egtmQr

arkibitoさん作成ラボを拝借してます。凄い魅力的なコースでしょ?

勿論この間は素面です(笑)一番の課題はそこかも・・(笑)

応援してね[揺れるハート] 


今週は1缶/日制限飲み [酒]

さて世間では所謂アベノミクスが炸裂してるの?

残念ながら僕の勤め先では『今のところ』その恩恵は全く受けてないどころか材料の高騰により思いっきり打撃を受けている。

営業やってて最も楽しいのは新しい先を開発してる時だけど、会社は良い結果にはあんまり評価してくれない。

一方で少し悪くなると集中砲火を浴びる。

元々何も無いところから開発してきたビジネスなのに『それやったら元に戻すぞ!?』と心情的に思ってしまうことも一瞬ある。

『見てる人はちゃんと見てる!』という周りの人の励ましもあって遣り繰りするのもお互い様だったり。

 

うーん。。やっぱり仕事のことになるとついつい愚痴ってまう。←これもまた良い時は忘れてるのだけれど。

 

さ。。そんなわけで、ここんとこ忙しいのはお客様に対する『材料高騰に伴う価格協力のお願い』で日々奮闘している。

ある意味これこそ営業の腕の見せ所だ!ってとこだけど、今日は去年から新たに受け持つことになった事業のお客様へお願いしに行くことに。

今おそらくアベノミクスの恩恵など全く受けていないであろう某中小企業の会長に会いに行った。

 

会いに行くまでに頭の中で色んなことを想定して覚悟の上、交渉に臨む。

お客様の状況は分かっているだけに、なんだか中小企業全てを敵に回す想いというか想像を絶する実情を知らされるんだろうな・・などと考えながら少々萎えてました。(あ。僕の勤める会社も全くの中小よ。)

 

結果、交渉は10分で終了。

交渉と言うか会長の『そんなもん分かっとる!OKや!覚悟はしとった!』の一言だった。

 

ちょっと想定外の回答にうろたえながらドタマを下げるばかりでした。

なんちゅう芯の強さと言うか、その魂を思いっきりぶつけられたと言うか、赤子の如く捻られた感が否めなかった。

思えば2004年くらいから、この手の交渉はずっとやってるけど、かつてはもっと割り切ってたというか今よりもっと血気盛んで、どこか私利私欲に想いが行きがちでした。

意外と大企業が相手のほうがマニュアル通りの相手に、後はプラス駆け引きだけみたいなとこで、おそらく双方やり易い。

質問に対してもいつも即答。 スピードこそ心情みたいなとこがあった。

 

でも世間で言う不惑の年となった今、実際には以前より惑わされっぱなし。

これでホントに良いのか?と自問自答することが多くなった。 

今回は大きな借りを作ってしまったと言うか、 帰り道もずっと自問自答を繰り返していました。

まだまだ未熟過ぎると思う今日この頃なのです。

 

はい。なんか前振りがえらい長くなってしまいましたが今日からまた新しい飲み週間が始まりました(笑)

とは言え、今週末は超ロングライド『フレッシュ』が控えてる為、今朝の通勤電車の時から『今週は1日1缶だけや!』と決めます。

130422_1538~01.jpg

お客様からの帰り道、公園で忠実に誓いを全うします。

やっぱり慢性酔いでの超ロングは厳しいでしょうからね。。

130422_1619~01.jpg

と思ったけど、1缶飲んだら止まらんわ(笑)

放出駅(ハナテンと読みます)から程近く。今日乗り換えするのに降りちゃった。

以前から目に付けてたのでちょっと顔出し。

130422_1628~01.jpg

大瓶400円に白魚フライ150円。

お兄ちゃんが1人、寡黙に営んでるけどメニューも結構ありお手頃コスト。

ここは再訪するでしょう。。 

でも今日はこれでおしまい。

 

1缶1瓶/日しばりで今週は行きます!

130421_1928~01.jpg 

追伸 : 昨日のタケノコ天ぷらとタケノコご飯。おいしゅうございました。


タケノコライド [ロードバイク]

ちょっと今、僕給料前とあって少々金欠中。

今日の目的を果たしたいが、ここは営業マン。奥様に交渉してみることにした。

 

『そういえばタケノコの美味しい季節やなあ・・。』

『ホンマやなあ!あんた去年ようさん買うてきてくれたなあ!』

 

『じゃあ今日買ってくるよ!』

『ええよ。わざわざ買いに行かんでも。』

 

『ええねん!ええねん!僕、自転車乗るのも楽しみやし!』

『でもええわ。』

 

『なんで!?』

『あんたお金ないやろ?私もないし。』←これ一番言って欲しくなかったセリフ。

 

『・・・・。でも・・メッチャ美味しいよ?柳谷のタケノコは最高や!』

『あんたのお金で買ってくるんやったら買って来たら?どうせこんな話してくるのは金出せって魂胆やろ?』←万事休す

 

『・・・・・。』

『・・・・他に何かある?』

 

『・・・・1000円だけちょーだい。』

『アカン。』

 

『こ・・子供も喜ぶよ?』

『喜ぶのはアンタだけや。』

 

二女 『わたしタケノコ嫌ーーい。』 

『うるさい!!黙っとけ!ボケ!!』

 

『ご・・・五百円だけ。僕も五百円出すから。。。』

『・・・・。ほんだら、はよ買っておいで。』

 

何とか折半で営業マンの面目躍如と相成りました。。。

 

そんなわけで今日は当初雨予報でお外走るのは無理かと思われましたが僕の日頃の行いが宜しいお陰で雨は上がり午前中に路面も乾きました。

メーテルを先週の決戦仕様から普段仕様に戻す。これがもう面倒臭い面倒臭い。

パーマンのコピー人形があったら絶対この作業はコピーにやらせるところだ。

それから外でランチ食うのもケチって家で焼きうどん食べて正午にスタート。

130421_1247~01.jpg

枚方大橋を渡る。今日は晴れたけどメチャクチャ風が強い。淀川がちょっと波立ってます。

ここまで来るのに既に結構ヘロヘロ。

あと決戦ホイールの性能は普段ホイールに履き戻してみるとよく分かる。

まあ普段ホイールの重いこと重いこと(汗)

よくこんなんで普段走っとるなと我ながら感心する。

誰か軽いクリンチャーホイール買って(笑)

 

枚方大橋渡ってから普段は右岸のCRを走るけど昨夜の雨で水溜りがあると嫌だから土手の上を走る。

当然、向かい風をまともに受けて20キロ出すのも精一杯。。

ま。今日の目的はタケノコ買うこと一点なのでユルユル走る。といっても強度上げざるを得ないのだけれど。

上牧から西国街道へ移動。

130421_1316~01.jpg

水無瀬神宮に寄っておきます。

昨夜、本読んでて知ったのだけれど先週上った伊吹山は日本百名山の1つ。

この境内にある『離宮の水』というのは名水百選に選ばれているそうな・・。←知らなかったの僕だけ?

そんなわけでクリート削りながら砂利道を歩く。 

130421_1317~01.jpg 

ありました。

130421_1318~02.jpg

ところがボトルを自転車から持ってくるの忘れた・・。早速、伊吹山で貰ったボトル積んできたのに。

なんかまたクリート削って戻るのも何だし、また先客が『風呂炊くつもりか?』と思うくらい沢山汲まれて時間掛かりそうだったのでヤメ。

また今度にします。何せ目的はタケノコやから。

・・・でリスタート。

130421_1331~01.jpg

しかしながら目的地に行くにはここを上らないと行けない。柳谷(大阪側)TTコース。

何だかんだ振り返ってみると、約1年ぶりに来たみたい。

ちなみに前回もタケノコが目的だったようだけど。

 

そんなことでモチベーション的には全然やる気無しなんだけど、『ご褒美はこの先にある!』ということでTTスタート。

最初の平坦区間はドリャーっと向かい風で全然スピードに乗れない。

『やっぱりもうええかな?』と思うくらい。

でもやっぱり勿体無いので頑張る。

斜度が増してからは減速帯との戦い。この減速帯はホンマに嫌やわあ。。

一応全力で走ってるのだけど中々調子に乗れない。

長岡京市に入ったところでフロントをインナーに落とす。なんかインナー使うの久しぶり(笑)

『おー。流石にちょっと軽いのー!』と喜んでその後、アウターに戻すことはありまへんでした。。

それでもギアをこまめにチャンジして出来るだけスピードが落ちないように努力はする。

でも心拍は190越えてきた。。あかんわー・・。

ゴール付近は再び強烈な向かい風の中、スパートしてゴール。

130421_1349~02.jpg

ん!!いつまで経っても成長しない私・・。

ここのコースは未だに最初に上った時の記録を破れずにいる。

あの時は最初から思いっきり飛ばして後は耐えるのみ!みたいな走り方してたけど要は痩せなさいってことかな。。

130421_1350~01.jpg

メーテルもヘロヘロです。。

少しだけ休憩してリスタート。

130421_1355~01.jpg

柳谷観音。

それから長岡京方面へ下る。

130421_1356~01.jpg

途中、ここではまだ桜が咲いてました。

やっぱりキレイ。きっとご褒美なんだこれは。←柳谷1本くらいでとは思いますが。

130421_1400~01.jpg

そしてついに目的地に到着!!

タケノコー!!!

売り切れー!!!オーーーマイーーーーーガーーーーーー!!!!(泣)

店のおじさんに『そこをなんとかー(泣)』とお願いするも無いものは無い。

やっぱり、はよ来ないとアカンみたい。

でも親切なおじさん『この先の店にはまだ多分あるよ?』と教えてくれました。

けどちょっと立ち話。

柳谷のタケノコは結構長い期間採れるみたいで3月~5月末まで販売してるそうです。

ほんで去年も食べたけど、ここのタケノコはホントに美味しい。

タケノコご飯か煮て食べるのがオススメとのことでした。 (僕は天ぷらも好きよ)

『良いの採っておくからまた買いに来て!』と見送られてリスタート。

 

その後、別の店でタケノコは何とかゲット。

でも500円のが2山残ってただけでヤバかった・・。勿論買い占めました(笑)

130421_1405~01.jpg

相変わらず長岡京側の竹林は趣があります。

130421_1406~01.jpg

でも暫く行ってないうちに、高速道路の工事が進んでえらい道がキレイになってました。

長岡京駅のほうで出ようと思ってたけど道間違えてもうたよ。

130421_1409~01.jpg

今日の風が分かる場所があった。見事に泳いでおります。

それから淀川CRへ出る。

130421_1429~01.jpg

背割でちょっと休憩。こちらの桜はもう葉を付けました。

ここからは、追い風ゾーン。

やっぱり追い風が好き(笑)

130421_1500~01.jpg

ピューッと関西医大まで。

まだ15時くらいだったけど、風強いし、タケノコ重いし、はよ食いたいのでトットと帰りました。

 

<今日の記録>

 

走行距離 : 56.60キロ

走行時間 : 2時間26分

平均速度 : 23.1キロ

累計走行距離 : 13562キロ

 

130421_1532~01.jpg

勿論今日のオミヤはタケノコ!

500円×2山 プラス1本オマケしてくれました。

 

というわけで、またネタだけの走りをしてしまった・・。 

タケノコ食いながら反省するとしよう。