So-net無料ブログ作成
検索選択

走り納めは六甲逆瀬川を制覇するライド [ロードバイク]

さ。。今年もいよいよあと数時間。

今日、宝塚のある交差点で信号待ちをしていたら、それはそれは綺麗なお姉さんが、僕のことを『あんた何?世間は大晦日で忙しいのに、そんな力道山みたいなタイツ履いて。』てな感じで冷たい視線で見ていました・・。

 

良いんだよ。。

皆、それぞれの価値観がある。

オマエなんかに僕の気持ちがわかってたまるか!!

同情するなら金をくれ!!←なんでやねん。

 

というわけで昨日、天気予報見ながら走り納めは何処走ろうかと考えてました。

予報は西からのかなり強い風。

これで東行きは消滅。帰りの向かい風がイヤだから。

北も南も横風イヤだ。

消去法で西行きに決定。

・・・で、『西で行きたいとこあるかなあ・・。』と考えた時、昨日自分で書いた記事に『逆瀬川からはまだ上ってない六甲山』がありました。。

そういえば、結局、逆瀬川を走らなかったなあ・・。

そう思ってると、何だか胸がモヤモヤしてきた。。

いつまでも怖気ついて上らない自分に。

 

『よし!今年の汚れは今年のうちに!』・・・?ということで逆瀬川ルートで六甲山を目指すことにしました。

 

今朝。。家がガタガタいうくらい、風が吹いている。

逆瀬川のコースは西に向かって上るコースだから、もう記録は望めない。。

上ることに意義があるのだ!!

・・・と言い訳を先に言っておいていよいよスタート。

 

あのね。。逆瀬川コースを知らない方の為に簡単にご説明致します。

 

行って来い!!

行けば分かるさ!!バカヤロー!!

 

以上であります。

121231_0946~01.jpg

ちょっと風が強すぎるのでお家出るの躊躇して9時過ぎに出発。

関西医大から見た淀川は天気も良好。路面も良好。ただやっぱり凄い風。

枚方大橋から勝尾寺までのコースを走って9号線のアップダウンを進む。

ずーっと向かい風。25キロ以上出せない。

でも帰りは追い風だ!と頑張って進みます。

121231_1108~01.jpg

30キロ程走ったコンビニで休憩。向かい風で脚を削られて結構ヘロヘロ。

今年最後の勇姿。メーテルであります。

 

その後、宝塚を経由して逆瀬川駅に着くと、もうお昼だったのでランチにしようかと思うも止めて再びコンビニオニギリ休憩。

121231_1225~01.jpg

で、いよいよ六甲・逆瀬川コースのスタート地点。

今年最後のTTだし気合入れていこう!

・・と思ったら遮断機鳴って仕切り直し。

ま。。超難関コースだし落ち着いて行けってことか。

というわけで先も長いので、ほんわかスタート。

ん!!『序盤は緩やかなアップダウンが続く』とあったけど、どこが緩やかやねん!

7~10%あるやんけ!

先が思いやられる。。でも出来るだけアウターで引っ張る。

甲寿橋?やったっけ?・・が16分ちょいだったと思います。

もうそこからはよく覚まへん。

一旦一方通行になって再び対向車線と合流してからは更に斜度は上がり、左折してからはこれぞ難関コース。

ずーっと10%以上。

ていうか厳密に言うと13%からカーブNO127のあたりは瞬間的に20%超え。

17%とかは度々。

一回だけ『平地来た!!』といっぺんにペダルが軽くなって喜んで斜度見たら8%とか。。

ずーーっと28Tでフラフラ走行。もう10kは出ない。

そんな中盤で多分スーパーシックスに乗ったお若い自転車乗りの方がダンシングしばりで、さーっとパスして行く。

やっぱりここには強い人がおるのね。

で、中腹では雪が舞い落ちる。それが太陽の光で輝いてホントに綺麗。

なんか天使になったみたい・・・とは当然思いませんけどね。しんどいだけですけど、かなり救われました。。

それからも斜度は全然緩むことはなく1k、500mが凄く遠い。

ひと踏み。ひと踏み。

決戦ホイールは観光馬車の車輪の如くゴロゴロゆっくり回転しながら上って行く。

ようやくゴールに近いトンネルが見えてペースアップ。

一軒茶屋が見えたから最後は何ちゃってダンシングスパート。

121231_1333~01.jpg

ゴール!!

コラッ!!自販機開けたらメーテル見えへんやろ!!

121231_1334~01.jpg

見えました?

いやあ、しんどかった。

でも何とか足付きせず上りきれたのは少し自信になりました。

・・・で、気になるタイム!!

121231_1334~02.jpg

なんと!!???  1分2秒!! 脅威的だーーーー!!!

笑えよー。

1時間も上り続けたらしんどいわ。

せめて1時間は切らないと・・

『今年の汚れは今年のうちに!』と思ってきたけど、更に汚れましたって感じ。

ま。。今年最後やし。

終わり悪くても全て良し!!わはははは・・・・。

121231_1335~01.jpg

今日も何人かの自転車乗りの方が上ってこられてました。凄いなあ・・。

121231_1341~01.jpg

さて、ここまで上った人だけのご褒美。

ここからの景色はホントに絶景。

さて・・そうこうしてるうちに、あれだけ汗だくになって上ってきたのに寒くなってきた。

なんせ標高900m以上あるんだから。

リスタート。帰りは下りもしんどい逆瀬川ルートなので初めて表六甲を下ります。

121231_1345~01.jpg

尚、TTコースは全然問題なかったけど、一軒茶屋を越えるとこのような積雪箇所多数。

最後に落車は勘弁ということでゆっくり進みます。

121231_1411~01.jpg

こっちも斜度はキツかったけど距離は短かったはず。

ところが、ここから地獄でした。

もう寒い寒い。

震えが止まらないし、手が強烈に痛くなってきた。

でもブレーキ緩めると一気に加速してしまうので精一杯握力使ってブレーキング。

ウェット部分も多いので慎重に15kくらいの速度で下っていく。

でも、手が限界。

一旦停まって息で手を温める

121231_1411~02.jpg

池も勿論カチンコチン。。もう・・・。悪い子。←何の話やねん。

 

手を温めるも全く効果なし。

日なたにくると何度も停車して手を温める。体も震えが止まらない。

そこへ外人の方が薄着で表六甲を上ってくる。

帰り大丈夫なんかな。。。或いは上で住んでる方?

 

必死のパッチで下山するも限界。

121231_1445~01.jpg

ケーブルカーの駅まで来たのでホットコーヒー買って待合室に飛び込む。

温かい缶に手をあてると痛い。両手人差し指が膨れ上がってる。

かるい凍傷?

まあ。しかし六甲山は上るのも地獄だけど下るのも地獄。参りました。

10分ちょい休憩すると少しマシになったのでリスタート。

その後も慎重に下って何とか下界へ。

町の電光掲示板は4℃とかだけど全然暖かい(笑)

121231_1457~01.jpg

2号線まで下ったら満を持して追い風に乗る。

『さあ!行けー!』とガンガン踏む・・とまでは行かず。

それでも出来るだけ35キロ以上で帰る。

16時に近づいてきて、ご飯食べてない。

ホントは麻婆納めしたかったけど、もうどこでも良いや!

121231_1608~01.jpg

尼崎にあったラーメン屋に入店。

121231_1559~01.jpg

今年最後なので豪勢にスペシャルラーメン(850円くらい)

3~4分で食ったから、あんまり味わってないけど美味しかったよ。

お腹一杯なってからリスタートして再び強度上げる。

121231_1637~01.jpg

2012年の日が暮れるぞー!

121231_1641~03.jpg

日が暮れる前に今年最後の記念撮影。

121231_1643~01.jpg

あとはCRを北上するだけ。ここも追い風だったから気持ち良く走れました。

121231_1710~01.jpg

昨日雨だったこと、すっかり忘れてて、止む無くこのような水たまりに突撃する羽目になりましたけど。

121231_1712~01.jpg

このブログ的には最後やっぱり関西医大前で締めたかったのですが、すんません。もう気力なし。

ここからCR離脱して香里園の丘経由で帰りました。17時半過ぎに帰宅。

 

本日のコース → http://yahoo.jp/eFvMKs

CR部分はエエ加減です!って言うてるやろ!←たまにはこんな調子も良い?

 

<今日の記録>

 

走行距離 : 124.65キロ

走行時間 : 6時間8分

平均速度 : 20.2キロ ←2号線出た時点では17キロ台でした。

累計走行距離 : 11177キロ

 

というわけで、走り納めも無事終了。

121231_1348~01.jpg

六甲山から。

2012年メーテルの走行距離 : 6829キロ

走ってなーい。。ま。骨折してた時あったし、しゃーないか。

いつもポジティブよ!

 

さて当ブログ、今年の記事更新もこれで最後です。

相変わらず自由奔放に好きなこと書いてますが、来年もこんな感じで続けて行きます。

もうちょっとスパルタンな方が良いかしら?ま。。無理やけど。

 

皆様におかれましては今年1年良い年でありましたでしょうか。

どうか良いお年をお迎え下さい。

そして2013年もまた!

宜しくお願い申し上げます。

 

ん。。以 上