So-net無料ブログ作成

チームで山に行くライドとチーム忘年会 [ロードバイク]

今日はクリスマスイブ。。。

心地良い筋肉痛の爽やかな朝を迎えております。

というわけで昨日の話。

パシャさんのスーパーバイク購入記念と年内にまたみんなで走りましょうとなって行ってきました。

前回のアワイチライドにはご一緒出来なかったパシャさんに、しおさんも参加されるので『こりゃもう絶対強度上がるな。』と予測。

メーテルの決戦ホイールはレース用であるんだけど、もう1つはやっぱり、しおさん対策用。

ということで前夜のうちに決戦仕様にしておきました。

ま。今日のメンバーにRS-10で臨むのは余りにも無謀ということで。

当日はまず8時に関西医大集合だったので、少し余裕をみて7時半に出発。

というより、チームライドの時はいつも興奮してて眠れない(笑)

 

・・でお家を出てスグにサドルの下で『ボコッ!』と鳴ったなと思い見たら予備タイヤが落っこちてドブにはまってた・・。

『このやろー!』ということでズブ濡れの予備タイヤ持って近くのコンビニに緊急ピットインして再度装着。

121223_0731~01.jpg

リスタートするも『なんか気になるなー。』とソワソワしながら走ってたら案の定、1kくらい走ったところで再び『ボコッ!』。

これだとそのうち無くしちゃうしパンクしたらエライことだから『こりゃもうダメだ』ということで持ってたナップサックに入れて背中にくくりつけることにしました。

 

関西医大近くのコンビニでオニギリ買ってから裏のベンチに向かうと既にkurubiさんが到着してました。

暫く喋りながら他のメンバーを待ってるとarkibitoさんから連絡があってさっきのコンビニに到着したとのこと。

行ったらarkibitoさんとパシャさん、それに大阪→東京を走りぬいたドルクスさんも来てくれました。

賑やかで楽しそう。

・・・で、パシャさんのスーパーバイク。

先日、東京→大阪を走ってきた鉄人arkibitoさんのお迎えに行った時に見てるんだけど何か違う。

というより『ド平坦仕様で行く』と聞いてたんですが明らかに違いました。

121223_0807~01.jpg

『なんじゃこりゃ!?』

すんごいイカつくなってるんですけど。。。

『404ですか!?』と聞くと『808。』なんだそうな。。そんなグレードあったのね。

こんなゴッツいホイールなのに持ち上げるとそれでも劇的に軽い。

これ一台でメーテル何台買えるんだろか・・。

121223_0813~01.jpg

ドルクスさんのバイクは僕と同じくCAADシリーズの『8』。

便利なスタンド付で何故か角が着いてる便利兼TTも出来ます仕様。

皆それぞれ個性的なバイクが揃いました。

 

暫し見惚れてから、CRを走行してしおさんが待つ御幸橋に向かいます。

121223_0844~02.jpg

ところでarkibitoさんは先日切除したアテロームがまだ完治されておらず今日は無理せず御幸橋まで行って離脱。最初は関西医大までの予定だったのですが、流石そこは鉄人。走ります。

kurubiさんが先頭を結構なペースで走って行きます。

パシャさんのバイクは自転車とは思えない『ぐおーーー!』という音を立てて走行。怖いから。

ドルクスさんも結構なハイペースだけど一緒に走ります。

すると何とarkibitoさんがアタック。

『あれ!?』

そこからは何故かアタック合戦。

しおさんが合流したら絶対強度上がるんだから、それまでは脚を温存しておきたかったんだけど、のらない訳にもいかず僕もアタック。

ただarkibitoさん『全然元気やないの。』でバンバンアタックかけます。

ただ一応僕も決戦メーテル。

あと短距離無酸素系なら僕にも分があるぞ!とかっ飛ばす。

ダーッとスプリントして先頭へ。えへへへ・・。

メーター確認すると50kを超えてる。やっぱ決戦仕様はいいねえ。

 

そして御幸橋に到着した時には脚は灰のように終わってました。←アホ。

121223_0848~01.jpg

御幸橋で予定通りしおさんと合流。

再びCRを走行して大正池を目指します。

やっぱり、kurubiさん、しおさん、パシャさんが凄いスピードで走って行きます。

僕は大正池までに何とか回復しようとフラフラ走行。

121223_0912~01.jpg

流れ橋で一旦休憩。

みんな立ち話してるけど僕は遠慮なくベンチにドッシリ腰かけて懸命に回復を図る(笑)

リスタート後、再び三人はアッと言う間に視界から消える。

僕はマッタリ走行。

kurubiさん『こんなもんまだまだパレード走行や!』と言ってましたが、ドルクスさんに『かまわん。かまわん。ゆっくり行きましょう!』と一緒に走ってもらいました(笑)

arkibitoさんは結局、玉水橋まで一緒に走ってもらいお別れ。

夜は忘年会があるのでまた後ほどということで。

121223_1001~01.jpg

ということで大正池TTのスタート地点まで来ました。

今日は決戦仕様なんで目標は自己ベストの更新。何とか達成したい。

kurubiさんから先に行って良いとの許しを得たので、まずドルクスさんとパシャさんがスタート。

次に僕が、残るkurubiさんとしおさんに『じゃ5分後にスタート・・いや7分後で!』とお願いしてスタート。

TT開始。

パシャさん、ドルクスさんはまだ視界にある時点でスタートして序盤でパス。

そこからはとにかく、猛スピードで追ってくるあの2人から逃げる。

相変わらずこのコース、緩傾斜と言われながらやっぱりTTはしんどい。

最後は激坂区間があるし、どういう走り方したら良いだと思いながら全力で走る。

・・・で、途中で工事現場があって交通整理中。

おじさんの制止サインに『ええーー!?』と減速。

幸いスグに青サインが出たので再びバーンとスタート。

何度も後ろを振り返りながら峠を目指す。

それからミニベロで上がっておられた方がいてパス。ここミニベロでも上がる方いらっしゃるのね・・。

僕は・・・ん。。やらない(笑)

中間地点を越えて、もうそろそろ2人が来るだろうと、ひっきりなしに後方を確認する。

この見えない追っ手が凄い怖い。

そして終盤。

激坂地点手前で3人の自転車乗りの方が上っておられてパス。

・・・で、問題の激坂地点に突入。

いつも見事にタレる区間だ。

ただ終盤になればなるほど2人は近づいてるはず。

ここに入るともはや後ろを振り返る余裕もなくヘロヘロ走行。

・・・で、ゴールまで300mくらいというところで必死の形相で後方確認。

するとベッタリ後ろに2人。

ついに来た!『とゅわあああーーー!!』と思わず声が出たけど、よく見たらさっきの3人の方のうちのお2人だということが分かってメチャクチャ恥ずかしかった・・・。

だって誤魔化しようがないじゃない?(笑)

もうヘロヘロ。抜かしてもらおうかと思ったけど、もうゴールまであと少しだ。

峠が見えたので貧脚の味方インナー28Tでクルクルスパート。

121223_1032~01.jpg

ゴール!

当然ながらゼエゼエ言ってるので、お2人には会釈するのが精一杯。

雄叫びあげたりして、ご迷惑お掛けしました(汗)

 

・・・で、見事山岳賞ゲット!イエーイ!(喜)←だからハンデもらってんだけど。

ところがそうこうしているうちに、しおさんが上ってきてゴール。危なかった・・。

その後、kurubiさんがゴール。

 

やっぱり速いなあ・・・。

一体何分後にスタートされたのか知らないけど聞いたら落ち込みそうなので聞かない(笑)

・・・で、僕の記録は25分19秒。(写真撮る前にタイムリセットしてもうた・・。もう意識が朦朧としてるのでハチャメチャ。)

あかーん。。自己記録更新ならず。

でもこのコース、どう走ったら速くなるんかえ・・。練習するしかないな。 

その後、パシャさんがゴール。

ドルクスさんはまだかなり後方ということで待ちます。

121223_1039~01.jpg

・・・で、同じく峠で休憩しておられた、さっきの3人の方のお1人が声を掛けてもらいました。

『ひょっとしてサイドワインダーズの方々ですか?』

 

『え?』

こりゃもうビックリ。お聞きすると僕らのブログをいつも見て頂いてるとのこと。

こんなこと初めてだしチーム名までご存知でいて頂いてるなんて・・・。←僕、まだスペル覚えてないのに。

 

『メーテル号ですよね?』と僕の愛車も知って頂けてるみたいで、何だか光栄というか恥ずかしいというか。

『腕折られてましたよね?』と言われると笑うしかなかったけど・・。あははは・・。

僕らメンバーの面々も皆ご存知でホント嬉しい限り。ちょっと舞い上がってしまいました。

同時に変なこと出来ないなと思いましたけど←手遅れか。。

 

でも自転車を通じて、またブログを通じてこんな風に声を掛けて頂けるなんてとても嬉しかったです。

有難う御座いました。またいつかご一緒出来たら良いですね。(ハチャメチャチームで申し訳ないですけど・・)

 

ドルクスさんも上ってきて、和束方面の激坂をゆっくり下る。

121223_1045~01.jpg

有名な?絶景ポイントで記念撮影。

とってもいい景色です。

その後、下りきって和束のコンビニで補給休憩。

再び先ほどの方とお会いして『ところで何でメーテルなんですか?』と質問を受けました(汗)

そりゃそうだわな・・。あははは・・・。

たまーに僕のブログに『メーテル』から検索されてこられる方がおられるんですけど、その方からすれば『何なんだよ!これ!』ってなりますよね。

一応経緯をご説明させて頂きました(汗)

 

さ。。ここからは5号線の緩傾斜を上って行きます。

やっぱりというか、しおさんが早々にアタック。

まだまだ上りは長いんだけど負けじと付いて行く。・・もすぐ千切られた・・。

 

後方ではkurubiさん、パシャさん、ドルクスさんが黙々と上ってきてて、程なく合流(笑)

ただドルクスさんが結構脚に来てたので一緒に上ります。

森林公園あたりからスプリント合戦になるだろうから、それまでに追いつきたいなと思ってましたが当然ながら追いつくわけが無く・・。

かなりヘロヘロになってきたドルクスさんを牽きます。

後ろでドルクスさん『ひいー。』とか『はあーん。』とかやや色っぽい悲鳴をあげてます。

かといって興奮はしませんけど。

そりゃこんなに強度が上がるとは思っていなかったでしょう。。

声援を送りながら上り続けます。

峠の県境まであと少し。

・・・と、ここでkurubiさんとしおさんがお迎えに来てくれました。

むむ!いい感じ。

一応この道はよく知ってるのでスプリント掛けてもタレない距離までさり気なく上ってきて『イエーイ!』とスパート。あははは・・・。

121223_1147~01.jpg

県境に到着。しおさん反応してスグ後ろにいました。

もうお元気で何よりです。

さ。。ここまで来たら上りはおしまい。後はカレー屋を目指すだけ。

と思ってたらkurubiさんの誘導で307号線に入る前をショートカットのコースへ。

上らされました・・。

121223_1157~01.jpg

でも見事なショートカットコースでカレー屋の目の前に出てきて到着。

僕は2度目の訪問。なんか店名が変わったような気がするけど中は同じでした。

121223_1217~01.jpg

前回、辛口をオーダーしたけど全然辛くなかったと記憶してたので、今回は迷わず激辛をオーダー。

121223_1217~02.jpg

でっかーいナンは前回もデカかったけど、ここまで大きかったかな・・。

1人づつでは、テーブルに乗らないのでこんな風に重ねて出てきました。

・・・で実食。

ん。。。やっぱり激辛でも全然大丈夫。

でもボリューム満点で、おいしく頂きました。

因みにkurubiさん、この大きなナンをオカワリされてました。

よく練習される方は、よく食う。

121223_1300~01.jpg

お腹が一杯になってからは同じコースを戻ります。

皆、お腹一杯のはずだから、さっきのショートカットの峠をスプリントかけてやろうかなと思いましたが反対側から上るとスグにピークで、やり損ねました・・・。

というわけで、今度は5号線をひたすら下ります。

ここでは何気に、しおさんパシャさんが軽快に下っていきます。

少し離れてkurubiさんと後ろに僕。

ん。。。結構あげてるのに前の2人の距離は徐々に離れる。何か強度上がってる?

今回は遠慮なくkurubiさんの前に出て強度を上げてみる。

すると程なく、再びkurubiさんが前に出たと思ったら、グーンと加速して付いていけない。

そしてkurubiさんは見事に前の2人にドッキング。ガチローテーションが始まってしまいました。

僕の後ろにはドルクスさんがいるはずだけど、1本道だし大丈夫だろうと3人に食らいついていきます。

・・けど、あの3人のトレインに単独の僕が追いつけるわけもなく。

でも何とか距離を離されないようにアゲアゲで走る。

ただ向かい風強く、緩やかながら下りなのにメチャしんどくて汗だく(笑)

上りの時はそんな追い風は感じなかったぞ?

『離されるなー!』と必死に単独走行。

 

すると前方にパシャさんの姿を捕らえる。

『あれ?千切れた?』と更に前方見ると、しおさんとkurubiさんの距離も離れてる。

なんか、しおさんのアタックが決まったみたい(笑)

ちょっとウケながらも、前のパシャさんを追い上げる。

何とかドッキングに成功。

それからは2人で回しながらもゼエゼエ言いながら、再び和束のコンビニまで。

この下りでこんなにしんどい目に遭うとは思ってなった(笑)

121223_1344~01.jpg

どうしてもパシャさんのバイクに目が行ってついつい一緒に写真に納まるメーテル。

暫く待ってるとドルクスさんも下りてきました。

もうドルクスさんの脚はかなり限界な模様も到着した瞬間、kurubiさんから『さあ!行こかー!』と号令。

猛烈しごき教室を思い出しました。

ま。そういうわけにも行かず暫し休憩してからリスタート。

5号線を下りきったところで再び大正池でお会いした3人の方と遭遇しました。

高山ダムを目指すとお聞きしてましたが、また偶然でした。

121223_1431~01.jpg

僕らはその後CRを走行。

ただドルクスさんの脚はついに限界という感じ。風も強くキツかったと思います。

ただそこは東京まで走りぬいたドルクスさん。懸命に走り続けるのは流石でした。

流れ橋で小休憩を挟んで御幸橋まで。

ここで一応解散。

しおさんと、ドルクスさんとお別れしました。

有難う御座いました。

 

そこから関西医大までのCRはkurubiさんとパシャさんと僕の3人でローテーション組みながら強い風の中を、また強度上がりながら走行。

ま。道をよく知ってるから距離感が掴めて良かったけど、知らない道なら心折れてたかも。。。

でもお陰様でアッと言う間に関西医大近くのコンビニに到着は16時半くらいだったかな。

121223_1626~01.jpg

有難う御座いました。(やっぱりパシャさんバイク撮ってる)

 

その後、1人になって家まで走るも、1人になった瞬間ドッと疲れが出たのか全然踏めない。

ヘロヘロで帰宅しました。

 

・・・が今日はココで終わりません。

夜はチーム忘年会。

さっさと自転車拭いてシャワー浴びて着替えてヨロヨロで駅まで歩いて電車乗って心斎橋の待ち合わせ場所へ。

結構、早く出たのにkurubiさん、もう到着してました。お元気です。

その後、arkibitoさんファミリーに、スキーに行っておられたウメさん夫妻。少し遅れてパシャさんも到着。

121223_1923~01.jpg

高知の鰹たたきが凄く美味しいお店らしい。arkibitoさんセッティング有難う御座いました。

すげえ・・・。現地のより分厚い鰹。なんかもうブロックみたいな感じ。

塩で食べると、お味も絶品。

今、写真見てたら、また腹減ってきたよ。

121223_1928~01.jpg

イカのお刺身は新鮮そのもの。ゲソは後で天ぷらにして頂きました。

121223_1929~01.jpg

ポークは『疲労回復に良いよ!』とkurubiさんらしいアドバイスを頂き、これもまた美味かった。

せっかくなんで高知の地酒を頂きながら、他にも一杯メニュー出てきてお腹パンパン。

ご馳走様でした。

121223_2201~01.jpg

2次会はパシャさんの顔のきくBARへ。

現金持ってなくてコンビニ行ったんだけど、既に時間外だったのか引き落としが出来ずパシャさんにお借りしました。。あはは・・。スミマセン。

楽しくベチャクチャ喋ってお開き。

何とか最終電車に間に合うかなと思ったけど脚がパンパンでスタスタ歩けないし気がついたら完全に間に合わないからタクシー帰宅。

お疲れ様でした。

 

ということで充実した1日でした。

やっぱりチームで走ると普段とはまた違った楽しみもあって良いですね。

来年はついにチームジャージ完成?今から楽しみにしておきます。

またみんなで楽しく走りましょう!

 

本日のコース  http://yahoo.jp/s-kc3d ←毎度ながらCR部分は適当よ。

 

<今日の記録> 

走行距離 : 144.91キロ

走行時間 : 6時間1分

平均速度 : 24.0キロ

累計走行距離 : 11052キロ 

 


チームで山に行くライド [ロードバイク]

というわけで今日はチームで山に行ってきました。

コースはCR~大正池~5号線~カレーという所謂、王道?コース。

ですが、詳細はまた後日。

今からチーム忘年会なの。

予想通りなかなか強度の上がったライドだったので少々お疲れ気味。

帰り乗り越さないようにしよ。。

121223_1045~01.jpg


ミニベロ乗り [ミニベロ]

さ。僕の新しい恋人。。

ま。メーテルを裏切ったわけではないですよ。二股です。

いやそうじゃない。用途が違う。

乗り方が違う?

なんか表現が難しくなってきたので止めます。

以前から欲しかったんですミニベロ。

ロードバイクより気軽に乗れてママチャリより軽快に乗れる自転車。

普段乗りやポタリングしたい時なんかに。あと少し歩くことも兼ねたりしたいので。←クリートだと歩きにくいでしょ?

せっかくオカンがお小遣いくれたので。末永く使えるものをということで。

最初は折りたためるタイプが欲しかったんだけど、何と言うかその・・・

まあ。コストの関係です。

・・・・で、決めたのがビアンキ ミニベロ8。

121222_1430~01.jpg

僕も今やイタリア車乗りですよ。エンブレム?だっけ?格好良い。

ビアンキとくればチェレステ?カラー。

頭の中は完全にチェレステカラーの自転車で固まってたけどお店に在庫が無く、このブラウンの自転車見たら『あ!これ良えやん!』と思いこっちにしました。

121222_1431~01.jpg

変速はダブルレバー。全体的にもクラシカルなイメージでとっても上質感があります。

121222_1432~01.jpg

フロントは2枚。ミニベロってシングルが多いんだけど僕の足と使い道を考えた時に2枚が良いだろうと思ったのも決め手となりました。

尚、歯数は52-42。メーテルのコンパクトクランクで慣れているだけに『大丈夫かな?』と思いましたが、後ほど述べますが全然問題なかった。

121222_1432~02.jpg

リアは12-25T。何気に25Tは初めて。

サドルはふっくらしてて、とても乗り心地が良いです。これならパットの入ったパンツでなくても平気。

泥除けも普段使いにはとっても便利。

121222_1432~03.jpg

フレームはメーテル同様アルミ。

でも固いとか全然ない。ま。タイヤが28Cだしミニベロの空気圧って4気圧くらいなんですよ。知らんかったけど。多分そんなんもあって全く乗り心地には問題ありませんでした。

完成車の重量は10.5キロ。

 

というわけで、先日即日納車で早速、家までの約25kを走って帰ってきました。

ちょっとアドレナリンが出てたのだと思いますが結構飛ばし気味に走りましたが、とってもよく走ります。

ママチャリとはやはり違う。

この自転車ハンドルはフラットとドロップの2種類ありますが僕はメーテルの慣れもあってドロップにしました。

当然、ポジションを色々変えれるのが良い。

そして月並みですがやっぱり漕ぎ出しは速いです。

クルクルクルー!っと加速します。

あと懸念されてた点。

1つはハンドル操作。かなりクイックになると聞いてました。

ん。。確かにちょっと不安定感はありますがほぼ慣れの問題。

今日走ったところ、もう大丈夫でした。

もう1つが段差に弱い。

これは怖いので段差のあるところは慎重に走ってましたが、問題なし。

ま。油断は禁物だと思いますが、それはロードも同じだ。

ただサイコンをまだつけてないので、感覚だけど30キロ強くらいまでは簡単に出るけど、それ以上の加速はちょっと厳しい。急に自転車が重くなる感じ。

ま。これは僕の脚のレベルにもよるけど。

 

そして登坂性能。

第二京阪の坂を上っただけなので何とも言えないけど『クイクイクイッ!!』と上ります。

僕の脚だとギアが足りないかな?と思いましたが全く問題なし。

ミニベロの特徴なのかな?

むしろ殆どローギアは必要ない。インナーに落とせばまず坂は問題なさそう。

ひょっとしてメーテルより速い?

『それなら清滝でも上ってみろよ。』って言われそう。

ま。何れやってみるつもり(笑)

多分15分くらいかな?←遅いやんけ!

多分それくらいだと思う(笑)

 

ということで今日15時過ぎから、かるく走ってきました。

121222_1533~01.jpg

この間よりちょっと重く感じる(笑)

暫く走ってると慣れてきました。よく考えたら結構な向かい風でした。

風の影響はやっぱり受けます(笑)

121222_1620~01.jpg

私市の村からクネクネ適当に走ってきて関西医大まで。

その後、CRを少し走って香里園経由。

ビバに寄ってサイコン買おうと思ったけど目星つけたのがミニベロには使えない場合もありますとか書いてたから止めた。

1時間半ほど走って帰宅。

 

一応、名前を考えているんだけど『メーテルミニ』とか『子メーテル』じゃ、ちょっとボキャブラリーないし、もう少し検討します。←別に名前いらない? 

 

また何れ詳しい使い道は公表しますが、ガンガン走ろうと思えば走れそうな自転車。

しかしあくまで

121222_1536~01.jpg

・・・に、ということであります。

変わった看板見つけたから使わせて頂きました。


二度目の成人式 [僕は・・・]

というわけで成人式が20年前のことなんだから2度目の成人式。

今日から40代になったわけで、40代の皆さん宜しくお願いします(笑)

メモ代わりもあってこの20年間を振り返ると大変なので少し30代を振り返ってみる。

 

アッと言う間だった。

アッと言う間だったけど色々あった。

プライベートでは家族も増えたし、家も建てた。だから凄いローンを抱えている(笑)

仕事は成功もあったし失敗もあった。良い悪いは置いといて、以前よりは我武者羅さが無くなったかな・・。落ち着いてしまったというか・・。

ただ景気は相変わらず絶不調だし頑張らないとですね。

 

あと僕自身について印象に残ったのが病気が多かったこと。

それまでのツケが回ってきたということかも知れないけど。

30歳過ぎてスグになったのが尿管結石。なったことある人しかおそらく分からないだろう。この辛さ。

腎臓炎に胃潰瘍もやった。胃カメラ大嫌いよ。

34歳の時、ついに肝臓にくる。都合1ヶ月半の間、人生で初めての入院。

ただ自覚症状が無いし、この頃の仕事は激務を極めてたから正直この休憩は嬉しかった(笑)

その後もそれまで程では無いにしても不摂生は続き、36歳で糖尿病に。

当初マックス82kgあった体重だったが一念発起して2ヶ月半で55kgに。

症状も治まり喜んでたのも束の間。

その数ヵ月後に左足首から先の神経が麻痺して補助具がないと歩けないという事態に。

糖尿やダイエットが直接影響があったわけではないけれど、これが一番辛かったかな。

いつ治るかも分からない。自分の力だけでは歩くことも出来ない。

とにかくリハビリをして約1年後に補助具が取れて再び歩けるようになった時はホントに嬉しかった。

その後は酔っ払って川に落ちて肋骨を折った程度(笑)

 

そして38歳でロードバイクと出会う。

39歳右手首骨折はオマケだ。

 

でも何とか無事に40歳になれた。

僕を生んで育ててくれた両親と、いつも支えてくれる家族に感謝する。

この先、10年もまた色々あるかもしれないけど宜しくお願いします。

 

そして勿論。自転車とも仲良くやって行きたい。

取り敢えずは良いスタートが切れたと思います。


東北へ [出来事]

僕は東北にまったく縁がないわけではない。

6年前に亡くなった僕のおじいちゃんの故郷が仙台だからだ。

また僕の弟の義父の故郷は石巻。

あの震災で、地元の親戚は殆どが無事だったが9歳の女の子が波に流され今も行方はわからないとのこと・・。

30代最後の仕事はそんな東北へ行くことにした。

121220_0723~01.jpg

朝の伊丹空港。

何度も言うが飛行機は苦手だ。

121220_0742~01.jpg

悪いことしてないのに疑われるこれも苦手。

121220_0754~01.jpg

怖さのあまり飲んだろかいなと思ったけど仕事があるので意を決して乗り込む。

轟音とともに飛び立つとアッと言う間に六甲山を見下ろす。

左に旋回して僕の住む町の上を飛んでいく。

幸い天気も良かったし、僕の家のあたりがよく見えた。

空から見てると町はホントに小さくて僕はこんなとこで暮らしてるんだと思うと、人間なんかちっぽけで、悩んだり苦しんだりすることも随分ちっぽけな世界で繰り広げられてるんだと思う。

スグに京都に入ると飛行機は童仙房のほぼ真上を飛んでいく。

自転車に乗り始めて地図がよくわかるようになった。

大正池や和束、信楽。向こうを見れば京都の市街地に琵琶湖。さらに向こうを見ると京都の山々が雪化粧でそれは見事な景色だった。

たまにこうして空から自分が自転車で走る場所を見るのも良いな。

 

少しするとスチュワーデスさんが御嶽山と乗鞍岳が見えると案内してくれました。

どっちがどっちなのかよく分からなかったけどキレイだった。

 

そして8時半に離陸した飛行機は9時過ぎには仙台上空へ。

やっぱり飛行機はメチャクチャ速い。

・・・が、

ここからが地獄だった。

機長からのアナウンス。

『只今ジェットストリームの中を飛行中で飛行機が揺れていますが飛行には問題ありません。』

僕にとっては大問題だ。

渾身の力で両手、両足を固定する。

両手で肘掛をしっかり掴み自分の体に引き寄せる。

えー。僕、あの肘掛くらいならへし折る自信があります。

でも弁償するのイヤだから全握力で思いっきり握り締めて我慢。

 

着陸間際。

海から近い空港のまわりは、まだ津波の爪痕を残していた。

海岸は防波堤工事が進められていたが空港のまわりも、何もない。

まだ海水と思われる池も点在していた。

それを呆然と見ながら飛行機は着陸した。

握力は殆ど残っていませんでした。

121220_0936~01.jpg

空港からタクシーで仕事に向かう。

121220_0943~01.jpg

瓦礫処分の問題はまだ残っている。

今回仕事先で色々お話が聞けたが復興するにも人手不足も深刻な問題らしい。

121220_0953~01.jpg

あの時の映像が目に焼きついてる名取川。

タクシーの中で黙祷しました。

またいつの日か東北が完全に立ち直ることを祈るばかりです。

 

さ。。

現地で研究と合流してから午前中の仕事を済ませた後は仙台駅へ。

121220_1151~01.jpg

仙台に来たらやっぱり牛たんやろ。

牛タン通りに狙いを定めてたけど研究が薦めるこちらに入店。

121220_1207~01.jpg

牛タン定食。1500円ちょっとします。

牛タンはめっちゃくちゃ歯ごたえあって・・・というより噛み切れなかったぞ。。

3種類のソースで食べますが、ま。。ん。。美味しかった。

121220_1227~01.jpg

それから午後は仙台駅近くで仕事。

仙台の町は殆ど震災前の風景と変わらなく、キレイに整備され僕の好きな町の1つです。

 

夕方仕事を終えたのでちょっと観光。

121220_1631~01.jpg

るーぷる仙台という遊覧バス。市内のスポットを約1時間掛けて運転手さんが案内してくれながら走って250円。これオススメです。1日乗り放題でも300円だったかな。

121220_1552~01.jpg

広瀬川。

青葉城恋唄が流れてきそう。。。

ということで僕らは青葉城で一旦下車。

121220_1612~01.jpg

ん!あのお方は!

121220_1613~01.jpg

そう。伊達政宗公であります。

121220_1614~01.jpg

城址からの景色。全然知りませんでしたが青葉城って山城なんですね。

あと天守も元々無かったそうです。

今は東北大学があって学生達が自転車で山を上ってきてました。

あそこの坂はなかなか上り甲斐あると思います。

 

さて、仙台の夜を満喫したいところですが、この日は盛岡へ移動して宿泊。

121220_1739~01.jpg

やっぱり新幹線移動は落ち着く(笑)

おつまみ牛タン食べたけど、やっぱり硬くて味はサラミでした。

 

盛岡に着いてから満を持して飲み屋へ。因みに僕、岩手県は初見参です。

しかしここは寒い。雪降ってるし仙台とはそんなに距離は離れてないのに凄い気温差を感じました。

121220_1953~01.jpg

あまりにも寒いから適当に店入って鍋と熱燗で乾杯。(暗くて写ってないけど)

121220_2225~01.jpg

それからは店の人に教えてもらった美味いラーメン屋へ。

何やら変わったラーメンを食べさせるらしい。

メニューをチェック・・・。

ん!!!

何種類かあるんだけど、どれも納豆が入っとる。。

納豆嫌いじゃないけどラーメンに入れるかな・・(汗)

ま。ネタの為や。

121220_2246~01.jpg

キムチスープのメニューがあったのでコレ。

真ん中の実は卵じゃありません。

岩手県と言えば小岩井牛乳発祥だからなのか、なんと乗っかってるのはレアチーズです。

『レアチーズキムチ納豆ラーメン』*僕は決してゲテモノ好きではありません。

 

実食。。

ん。。。辛くない。

甘い(笑)

研究はオーソドックスに『納豆ラーメン』食べましたが店の中、納豆の臭いが充満しとる。

ま。僕のラーメンにも入ってるけど。

・・・で、レアチーズを少しだけすくって食べてみる。

んんん・・・。

とても美味しい。

甘くて酸味が利いてます。

でも濃い(笑)

結局殆ど残しちゃった。あははは・・。ゴメンネ。

 

というわけで、ホテルに帰って少ししたら日付が変わって僕のお誕生日。

ついに40代突入しました。

 

・・・で、翌朝40代最初のお仕事は盛岡から。

121221_0858~01.jpg

電車で2駅くらいいったとこの駅。何とも風情がある駅舎。

121221_0900~01.jpg

遠目に見ると上を新幹線が通って、向こうには岩手の山々。。なかなかシュールだ。

121221_0922~01.jpg

近くで見かけた自転車屋。時間無かったから入らなかったけど、もう少しセンスのある店名が望ましい。

昼過ぎまで仕事したら今日は終わり。あとは帰るだけ。

121221_1120~01.jpg

帰りは電車が1時間に1本とかしかないからタクシー。

運転手さんに聞くとこの山が岩手最高峰の岩手山らしい。

物凄くキレイな山だけど残念ながらクルマで上れるような道はないとのことでロードバイクで上るのは無理っぽい。

登山ルートは沢山あるらしいです。

再び盛岡駅まで帰ってきてランチ。

121221_1138~01.jpg

岩手と言えば『じゃじゃ麺』らしい。

時間が余り無かったから駅中の立ち食いうどん・蕎麦屋みたいなとこに入ったからなのか、どう見てもうどんでした。

ま。美味しかったけど。

・・・で、帰りの飛行機に備えて今度は飲んでおく。

ここで研究と別れてから僕はバスで花巻空港へ。

121221_1231~01.jpg

さらに補給。これ濁り酒で凄い美味かったです。4本飲んだぞ。

121221_1244~01.jpg

高速道路から見える景色は銀世界。

・・・で、空港に到着。

121221_1318~01.jpg

花巻空港。名前はよく知ってたけど随分のどかな場所にあって神戸空港をもう一回り小さくしたような空港でした。

121221_1337~01.jpg

飛行機乗る前に最後の補給。

宮沢賢治は岩手だったのね。

 

それからまた伊丹までひとっ飛び。

気持ちよく酔えたので寝れるかな?と思ったけど全然寝れなかった・・。

こんなとこで毎日仕事してるスチュワーデスさんに勇気付けられながら命がけで何とか無事帰ってまいりました。

伊丹に着いてから飲みに行こうかなーと思ったけど結構酔いが回ってたので真っ直ぐ帰宅。

121221_1821~01.jpg

お誕生日のディナーはバースデーケーキではなくバースデー麻婆豆腐でした。

 


新たな恋人 [出来事]

明日の飛行機イヤやー。←はい。乗るまで言い続けます。

 

先日オカンがお小遣いくれたので早速使わせてもらった。

飛行機は大嫌いだけど自転車は勿論大好き。

お母さんありがとう。

大事に乗るね。

121219_1918~01.jpg

足出ちゃったから追加料金貰えるか聞いてみようかな。

ま。。間違いなく殴られるな。

早速25kほど乗ったけどメチャクチャ面白かった。

 

しかし贅沢やなあ・・。 


好きなテーマソング [音楽]

さ。久々に今夜の一曲。

『テーマソング』にも良いのはイッパイあるけれど、第1回はこれにしときます。

長女の吹奏楽部もこれを演奏してくれてお父さんノリノリで体を揺らしながら聴いてました。

多分多くの人から愛されるアニメソング。

『あー。これは良いよなあー。』と言う曲だと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=KTYD3Hgw2kI


どうしても嫌いなもの [僕は・・・]

今日は先日の健康診断の結果に反省して船場センタービルの立ち飲み屋でビールは控えめ(大瓶1本)にして後は久米仙にしておきました。

今年もいよいよ後僅かとなり店まで歩いて行く途中『今年立ち飲み屋に行けるのも後何回かな・・』と黄昏るのはオカシイですか?

さ。。

仕事のほうはお陰様で忙しく(いや全然忙しくない)明日からまた出張続き。

明日はお得意の和歌山。(明日は何食べよう)

木曜、金曜はまだ震災以来行ってない東北に行ってきます。

 

ところで・・・

普段なら東北行く時は必ず先日に東京で仕事作ってから行くことにしてるんです。

何故なら、そうすると新幹線で行けるから。

今回は時間の都合、どうしても東京入れられない。

そんなことで大ッ嫌いな飛行機で東北入り。

もうホント嫌い。重力に逆らう乗り物なんて馬鹿げてる。

どうしても1人で乗るのイヤだから北海道出張の時、わざわざ東京まで新幹線で行って羽田から研究と一緒に行ったなんて会社に言えないけどホントに嫌いなの。

でも今回は行きも帰りも飛行機。

イヤだなあ・・・・。どうせ飛行機乗るなら海外行きたいなあ・・アフリカとか。

 

嫌いなのは嫌い。

ま。しゃーない。←得意の言い聞かせ。

因みに誕生日はそんなわけで東北で迎えます。


少し早いですが来年のレース [ロードバイク]

しおさんから伊吹山のエントリーが開始されたと連絡を貰って今回は先着順ということだったので慌ててエントリーしました。

いつものところ(何ていうとこか覚えてない)からエントリーしたら自動的に40~44歳カテゴリーになってた。

自分が40代に入るんだと実感しました。

なんか主催者が変わったとかで何かと変更箇所もあるらしいのですが今年も出たレースなので楽しみにしています。

成長した姿を見せたいけど今のままだと間違いなく遅くなってるので頑張らないと・・(汗)

最近の2レースは直前でエントリーしたこともあって全然練習無しでの参戦でしたが今回は早めにエントリーも決めたので地道に練習と減量に励みます。

 

お腹一杯で吐きそうな夜の誓いでありました。


食い過ぎお誕生日会 [家族]

自民党圧勝でテレビは大騒ぎですが我が家は長女のお誕生日で大騒ぎ。

昼前に親父とオカンが来たので早速ランチに出掛ける。

一応僕も間のなく誕生日なので好きなもん食おうとコチラ。

121216_1208~01.jpg

前回とっても美味かったので再訪です。

121216_1218~01.jpg

オカンも僕と同じく辛党なので激辛麻婆豆腐定食。

『結構辛いぞ?』と言うも『そんなもん大丈夫や。ワタシは辛いの好きやねん。』とオカン。

ペロッと食べてしまい『四川の割には辛くないやん。』とのご評価。

でも好評だったようです。

やっぱりここの麻婆豆腐は美味しいです。

カウンター席もあるから自転車のついでにも来ようかな。

121216_1312~01.jpg

ボリューム満点・お腹一杯で家に帰ってからはダラダラ。

長女は最近どんどん背が伸びてついにオカンより大きくなってた。

聞いたら156cmなんだとか。

僕も何れ抜かされるのかな。。奥様がデカイしなぁ・・・。

夕方からはまだお腹パンパンなんだけどケーキ食べて鍋食べて破裂寸前。

121216_1553~01.jpg

もう明日は体重測らないでおこう・・・。

僕はもうすぐ40歳ということで『アンタも一応、節目やから。』ということでお小遣いくれました。

有り難いなあ・・・。この年で親から小遣い貰えるとは思ってなかったけど全く遠慮なく頂きました。

わはははは・・・。

大事に使わせて頂きます。。。