So-net無料ブログ作成

今週の飲み [酒]

今週も『今週の練習記録』じゃなくて『飲み』です。

あくまでも節制はしてますが、やはり酒を嗜む一時というのは生きてる実感が沸く。

 

というわけで月曜日。

arkibitoさんとパシャさんに『また近々飲みましょうねー!』と伝えていたが仕事中にムラムラきて『今日はどうなのよ?』とお誘いしてしまう。

お2人共、忙しいのに快諾頂く。いつも急で申し訳ないのですが大変感謝しております。

でもこういう飲み方が一番好きなのだ。前もって『来月のー♪二週目のー♪金曜日なんてどう?♪』なんて言われても100%忘れてしまうし。

130325_1801~01.jpg

そんなわけで、このメンバーで飲むときは定番となりつつある天満の『ハリケーン』で待ち合わせ。

写真にあるようにメニューの『ハリケーンポテト』からこの店の呼び名となっている。

未だに店名は覚えてない。

お二人はまだ仕事なので僕は先に行ってカウンターで適当にやらせて頂く。

途中パシャさんから電話があって『あんまり先にベロベロにならないでくださいよ!?』と釘を刺されました。

勿論そのつもりでチビチビとやっておく。

いや。やってたつもり。

ま。。自転車でTTする時もそうだが何と言っても『ペース配分』というのは非常に難しいのだ。

一応、手がスグにジョッキに伸びないように本など読みながら飲んでたが途中で隣で飲んでたオジサンに『飲みながら勉強してんの!?偉いなあ!!』と絡まれる。

読んでるのはサイスポなんだけど。

適当に会話してたらオジサンは何故かこれまで暮らしてきた町のことを話し出した。

『うん。うん。』と聞いてたが実は僕こういう話は嫌いじゃない。

僕の知らない時代にこのオジサンはその町でどんな風景を見てたのだろうとか考えちゃう。

そうすると結構楽しいもんだ。

そんでもって気持ちよく喋りながら大瓶が3本か4本目に突入した頃にパシャさんが登場。

オジサンにお礼を言ってテーブル席に移動して飲み直し。

するとオジサンは僕たちに大瓶1本ご馳走してくれた。

こんな飲み屋でも店員さんが大瓶持ってきて『あちらのお客様からです』とやってくれる。

何とも粋なオジサンで遠慮なく頂きました。

そうこうしてるうちにarkibitoさんも到着していよいよドンチャン飲み。

そしてこの日も『よーし!今日は歌おうか!!』(←今日もですけど)とお誘いしてパシャさん行きつけBARへ。

こちらではターキーロックをカパカパ頂きながら大カラオケ大会。いやあ楽しかった(笑)

130325_2321~01.jpg

天満のネオンに溶けるの図。

最後にラーメン食べて正に王道飲み完了。ヘベレケ帰宅。

 

火曜日。

まだ足がフワフワしながらも出社。

するとU次長も前夜はバカ飲みしてたらしく定時ギリギリにキョンシーみたいな顔して出社。

額にお札を貼り付けるまでもなくU次長は応接室に飛び込んでソファーに倒れこんで動かなくなってしまった。

この日は10時から役員報告があったから何度か起こしたけど結局キョンシー起き上がれず報告会は欠席。

ああいう上司だから僕は恵まれてるんだ。と思ってるけど周りからは『どっちもどっちや』との評価らしい。

大イビキかいてるキョンシーに一応『行ってきまーす』と声かけてその後は和歌山出張。

130326_1356~01.jpg

桜はあともう少しといった感じ。

二日酔いを押し殺して仕事をこなしたら反省の意味も込めて何処にも立ち寄らず直帰。

130326_1713~01.jpg

しようと思ったけど京橋でちょこっと反省会しておいた。

 

水曜日。

この日は早朝から東京出張。

バスがまだ動いてないから最寄り駅までトボトボ歩いてたら頭に『ピシャーッ!』と雨が降ってきたのかと思ったら鳥の糞だった・・。

激しくテンションダウン。

とり皮にして食うぞ!反省せい!←それはお前や。

午前中と午後から一発、チャチャッと仕事を済ませたらサッサと新幹線で帰る。

130327_1357~01.jpg

くどいようですが節制中なので量は控えめにしておきます。

まったり昼寝などしながらツイート見ると、しおさんが休日っぽい。

こちらは名古屋の手前くらい。

『これひょっとしたらタイミングが良いんじゃないの?』とお誘いしてみると快くお付き合いして頂けることに。

すみませんねー(笑)いつも急で・・。

てなわけで京都駅で途中下車して、しおさんも夜はご予定があったようなのに改札口までお迎えに来てくれました。

有難うございます。

早速、駅ビル内にあるビアホールみたいなとこに連れて行ってもらって『八条ビール』なる地ビールを頂く。

決して安くはないが独特のコクがあって美味しい。

ペチャクチャお喋りしてから、しおさんが『もう1軒いかがですか?』と誘ってくれる。

もう座右の銘にしたい好きな言葉。勿論お願いする。

京都駅からほんの少し歩いたとこに、その店はありましたが、ここが最高でした。

レトロなビルに小さなカウンターだけの何軒も飲み屋がひしめいてる。

何とも言えない情緒溢れる飲み屋街だ。

こちらでは『すごく濃いです』と書かれた古酒があったのでそれを頂く。

しおさんは、これまた『35歳未満お断り』となってる酒をオーダー。

 

『なんで35歳未満は飲んだら駄目なの?』と親父に聞くと『いやそのメーカーがそう言ってるだけです』とのことだったが良いではないか。

しおさんが美味しそうに飲んでるのをヨダレ垂らして見ながら僕も古酒頂いておりました。

古酒も『かーーー・・ん』ときてとても美味しかったです。

あ。あと、しおさんが気を使ってくれて僕の大好物、麻婆豆腐を頼んでくれたんだけど、これがまた絶妙に山椒が利いててメチャクチャ美味しかった。

ここは今後も使わせて頂きます(笑)有難うございました。

お別れしてからは近鉄で新田辺まで行ってJRに乗り換えるところ、乗り継ぎがとっても悪く、仕方ないから近くにあった王将でもう少し飲んでおきました。

 

木曜日は超ストイックにキオスク缶ビール2本締めで帰宅。

 

今週もご馳走様でした。 

 

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0